名言メモ

Index

1159: 難しいからやろうとしないのではない。やろうとしないから、難しくなるのだ。 セネカ

難しいからやろうとしないのではない。やろ

  •  -
  •  -

1158: 自分自身の何かを創造している時は、限界なんてない。 マイルス・デイヴィス

自分自身の何かを創造している時は、限界な

  •  -
  •  -

1157: 自分自身の何かを創造している時は、限界なんてない。 マイルス・デイヴィス

自分自身の何かを創造している時は、限界な

  •  -
  •  -

1156: 人から批判されることを恐れてはならない。それは成長の肥やしとなる。 トーマス・エジソン

人から批判されることを恐れてはならない。

  •  -
  •  -

1155: 人生はキミ自身が決意し、貫くしかないんだよ。 岡本太郎

人生はキミ自身が決意し、貫くしかないんだ

  •  -
  •  -

1154: ふまれても ふまれても 我はおきあがるなり 青空を見て微笑むなり 星は我に光をあたえ給うなり 武者小路実篤

ふまれても ふまれても 我はおきあがるな

  •  -
  •  -

1153: 気のふさいだ馬を見たことがあるか?しょげかえった小鳥を見たことがあるか?馬や小鳥が不幸にならないのは、仲間に「いいかっこう」を見せようとしないからだ。 デール・カーネギー

気のふさいだ馬を見たことがあるか?しょげ

  •  -
  •  -

1152: 挫折は過程、最後に成功すれば挫折は過程に変わる。だから成功するまで諦めないだけ。 本田圭佑

挫折は過程、最後に成功すれば挫折は過程に

  •  -
  •  -

1151: 人間を賢くし人間を偉大にするものは、過去の経験ではなく、未来に対する期待である。なぜならば、期待をもつ人間は、何歳になっても勉強するからである。 バーナード・ショー

人間を賢くし人間を偉大にするものは、過去

  •  -
  •  -

1150: 自分自身を信じてみるだけでいい。きっと、生きる道が見えてくる。 ゲーテ

自分自身を信じてみるだけでいい。きっと、

  •  -
  •  -

1149: 偉業は一時的な衝動でなされるものではなく、小さなことの積み重ねによって成し遂げられるのだ。

偉業は一時的な衝動でなされるものではなく

  •  -
  •  -

1148: 時間は平等に与えられるが、結果は平等ではない

時間は平等に与えられるが、結果は平等では

  •  -
  •  -

1147: 過去が現在に影響を与えるように、未来も現在に影響を与える。

過去が現在に影響を与えるように、未来も現

  •  -
  •  -

1146: 目標を達成するには、全力で取り組む以外に方法はない。そこに近道はない。

目標を達成するには、全力で取り組む以外に

  •  -
  •  -

1145: 今日の読書こそ、真の学問である。 吉田松陰

今日の読書こそ、真の学問である。 吉田松

  •  -
  •  -

1144: 学べば学ぶほど、自分が何も知らなかった事に気づく、気づけば気づくほどまた学びたくなる。

学べば学ぶほど、自分が何も知らなかった事

  •  -
  •  -

1143: 人が不可能と思うとき、やりたくないと決めているのだ。

人が不可能と思うとき、やりたくないと決め

  •  -
  •  -

1142: あなたには、必要な資質も資源も全て与えられている。『できない理由』を探す必要はない

あなたには、必要な資質も資源も全て与えら

  •  -
  •  -

1141: 失敗は成功のマザー

失敗は成功のマザー長嶋茂雄の名言Wikipedi

  •  -
  •  -

1140: ただひとり私を倒せるのは、私だ。

ただひとり私を倒せるのは、私だ。マイケル

  •  -
  •  -

1139: 家が貧しくても、体が不自由でも、決して失望してはいけない。人の一生の幸も災いも、自分から作るもの。周りの人間も、周りの状況も、自分から作り出した影と知るべきである。

家が貧しくても、体が不自由でも、決して失

  •  -
  •  -

1138: 最も強い者が生き残るのではない、最も賢い者が残るのでもない。唯一生き残るのは変化する者である

生き残るのは最も強い種ではない。最も賢い

  •  -
  •  -

1135: 松下は人物を作っております、ついでに、、電化製品を作っておりますと、なぜお客様に言えないのか!

松下は人物を作っております、ついでに電化

  •  -
  •  -

1137: 西園寺公望の名言

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます

  •  -
  •  -

1136: 志賀潔の名言

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます

  •  -
  •  -

1134: 成功は失敗と反省の繰り返しによってのみ達成させる。

成功は、失敗と反省の繰り返しによってのみ

  •  -
  •  -

1133: 精神を凌駕することのできるのは習慣という怪物だけなのだ

精神を凌駕することのできるのは習慣という

  •  -
  •  -

1132: 戒名無用,葬儀不要

戒名無用,葬儀不要白洲 次郎の名言Wikipedi

  •  -
  •  -

1131: 学問をするのに,簡単な道など無い。だから、ただ学問の険しい山を登る苦労をいとわない者だけが、輝かしい絶頂を極める希望をもつのだ。 

学問をするのに,簡単な道など無い。だから

  •  -
  •  -

1130: 表面を作るということは内部を改良する一種の方法である。

表面を作るということは内部を改良する一種

  •  -
  •  -

1129: できることを、あるものを使って、今いるところからから始めなさい

できることを、あるものを使って、今いると

  •  -
  •  -

1128: 「不可能」の反対語は「可能」ではない。「挑戦」だ。

「不可能」の反対語は「可能」ではない。「

  •  -
  •  -

1127: あなたができると思えばできる。できないと思えばできない。どちらにしてもあなたが思ったことは正しい。

あなたができると思えばできる。できないと

  •  -
  •  -

1126: 毎日自分に言い聞かせなさい。今日が人生最後の日だと。あるとは期待していなかった時間が驚きとして訪れるでしょう

毎日自分に言い聞かせなさい。今日が人生最

  •  -
  •  -

1125: 簡単ではないこともあるが、君ならできる。世界は君のものなのだから

簡単ではないこともあるが、君ならできる。

  •  -
  •  -

1124: 阿呆はいつも彼以外のものを 阿呆であると信じている。

阿呆はいつも彼以外のものを 阿呆であると

  •  -
  •  -

1123: もうこれで満足だという時は、 すなわち衰える時である。

もうこれで満足だという時は、 すなわち衰

  •  -
  •  -

1122: 落ち着け。人を恨んで自分をダメにするな。

落ち着け。人を恨んで自分をダメにするな。

  •  -
  •  -

1121: みんなちがって、みんないい

みんなちがって、みんないい金子 みすゞの

  •  -
  •  -

1120: 踏まれても叩かれても、努力さえし続けていれば、必ずいつかは実を結ぶ。

踏まれても叩かれても、努力さえし続けてい

  •  -
  •  -

1119: やった後で後悔するほうが、やらずに後悔するよりもずっとましだ

やった後で後悔するほうが、やらずに後悔す

  •  -
  •  -

1118: 自分に打ち勝つことは、勝利のうちで最も偉大な勝利である

自分に打ち勝つことは、勝利のうちで最も偉

  •  -
  •  -

1117: 平気で一時間を無駄にする人は、人生の価値がわかっていない。

平気で一時間を無駄にする人は、人生の価値

  •  -
  •  -

1116: こけたら立ちなはれ

こけたら立ちなはれ松下幸之助の名言Wikipe

  •  -
  •  -

1115: 努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。

努力は必ず報われる。もし報われない努力が

  •  -
  •  -

1114: 金がないから何もできないという人間は、金があってもなにも出来ない人間である。

金がないから何もできないという人間は、金

  •  -
  •  -

1113: できると思えばできる、できないと思えばできない。これは、ゆるぎない絶対的な法則である。

できると思えばできる、できないと思えばで

  •  -
  •  -

1112: やってみなきゃあ、わからないじゃないの。

やってみなきゃあ、わからないじゃないの。

  •  -
  •  -

1111: 人生に成功する秘訣は、あなたが好きなことをするというのではなく、 あなたのやっていることを好きになるということです。

人生に成功する秘訣は、あなたが好きなこと

  •  -
  •  -

1110: 困難は、人の真価を証明する機会なり。

困難は、人の真価を証明する機会なり。エピ

  •  -
  •  -

1109: もしも、君が本当になろうと決めたのなら、 もう成功したのと同じだよ。

もしも、君が本当になろうと決めたのなら、

  •  -
  •  -

1108: 英雄とは、自分のできることをした人だ。 凡人は自分のできることをせず、できもしないことをしようとする人だ。

英雄とは、自分のできることをした人だ。凡

  •  -
  •  -

1107: 笑い声は時代を超え、想像力は年を取らない。そして、夢は永遠のものだ。

笑い声は時代を超え、想像力は年を取らない

  •  -
  •  -

1106: 上手にはすきと器用と功積むと この三つそろふ人ぞ能くしる

上手にはすきと器用と功積むと この三つそ

  •  -
  •  -

1105: 兵は詭道なり

兵は詭道なり孫子(孫 武)の名言Wikipedia

  •  -
  •  -

1104: 感情のままに左右される人間は、自分自身の主人ではなく、偶然の力に支配される

感情のままに左右される人間は、自分自身の

  •  -
  •  -

1103: 世の中は食うて糞して寝て起きて、 さて、その後は、死ぬるばかりよ

世の中は食うて糞して寝て起きて、 さて、

  •  -
  •  -

1102: 革命いまだ成らず

革命いまだ成らず孫 文(そん ぶん、1866年

  •  -
  •  -

1101: 死を恐れぬ者だけが生き残れる。

死を恐れぬ者だけが生き残れる。マッカーサ

  •  -
  •  -

1100: 忙しいと疲れたは、 自慢にならん。

忙しいと疲れたは、自慢にならん。吉田 茂

  •  -
  •  -

1099: 君主たる者、 ケチだという評判を 恐れてはならない。

君主たる者、 ケチだという評判を 恐れては

  •  -
  •  -

1098: 私たちは、人生の闘いだけは 決して放棄してはいけない。

私たちは、人生の闘いだけは 決して放棄し

  •  -
  •  -

1097: 勇気ある人は平和のために許すことを恐れない

勇気ある人は平和のために許すことを恐れな

  •  -
  •  -

1096: 人を殺さなければならないときに、礼儀は必要ない

人を殺さなければならないときに、礼儀は必

  •  -
  •  -

1095: 鉄砲から政権が生まれる

鉄砲から政権が生まれる毛 沢東の名言Wikip

  •  -
  •  -

1094: 君死にたまふことなかれ

君死にたまふことなかれ与謝野 晶子の名言W

  •  -
  •  -

1093: 世の中には、 譲っても差し支えないことが多い。

世の中には、 譲っても差し支えないことが

  •  -
  •  -

1092: クレオパトラの鼻がもう少し低かったら、世界の歴史は変わっていただろう。

クレオパトラの鼻がもう少し低かったら、世

  •  -
  •  -

1091: すべての答えは出ている。どう生きるかということを除いて。

すべての答えは出ている。どう生きるかとい

  •  -
  •  -

1090: 未来は今日始まる。明日始まるのではない。

未来は今日始まる。明日始まるのではない。

  •  -
  •  -

1089: カルタゴ滅ぶべし

カルタゴ滅ぶべし大カトーの名言Wikipedia

  •  -
  •  -

1088: お前がいつの日か出会う禍は、 お前がおろそかにしたある時間の報いだ。

お前がいつの日か出会う禍は、 お前がおろ

  •  -
  •  -

1087: 私は失敗したことがない。 ただ、1万通りの、 うまく行かない方法を 見つけただけだ。

私は失敗したことがない。 ただ、1万通りの

  •  -
  •  -

1086: 幸福と道徳的義務は、 密接に関係している。

幸福と道徳的義務は、 密接に関係している

  •  -
  •  -

1085: 何かを始めるのは怖いことではない。 怖いのは何も始めないことだ。

何かを始めるのは怖いことではない。 怖い

  •  -
  •  -

1084: 鳥は林を願う 鳥にあらざればその心を知らず

鳥は林を願う 鳥にあらざればその心を知ら

  •  -
  •  -

1083: 努力だ 勉強だ それが天才だ

努力だ 勉強だ それが天才だ野口 英世の名

  •  -
  •  -

1082: 一燈照隅 万燈照国

一燈照隅 万燈照国最澄の名言Wikipediaから

  •  -
  •  -

1081: 世の中には幸福も不幸もない。ただ、考え方でどうにでもなるのだ。

世の中には幸福も不幸もない。ただ、考え方

  •  -
  •  -

1080: 宴会と同じように、人生からも、飲み過ぎもせず、喉が乾きもしないうちに、立ち去ることが一番良い

宴会と同じように、人生からも、飲み過ぎも

  •  -
  •  -

1079: 今日の最悪の病気はハンセン病でも結核でもなく、自分は不必要な存在だという思いである。今日の最悪の病気はハンセン病でも結核でもなく、自分は不必要な存在だという思いである。

今日の最悪の病気はハンセン病でも結核でも

  •  -
  •  -

1078: 困難の中に、機会がある。

困難の中に、機会がある。アインシュタイン

  •  -
  •  -

1077: 人類はある意味で、 地球の子供なのだ。

人類はある意味で、地球の子供なのだ。ダラ

  •  -
  •  -

1076: わたしは、ただただ相手のベストを願って、頑張れ!と応援していた

わたしは、ただただ相手のベストを願って、

  •  -
  •  -

1075: アメリカンドリームなんて見たことがない。 私にはアメリカの悪夢だ。

アメリカンドリームなんて見たことがない。

  •  -
  •  -

1072: 天が人に大いなる任を降そうとする時、必ずまず、その心志を苦しめ、その筋骨を疲れさせ、その体を飢えさせ、その身を窮乏させ、行う事為す事に幾多の障害を与える。

天が人に大いなる任を降そうとする時、必ず

  •  -
  •  -

1074: 現在の問題は、演説や多数決ではなく、鉄と血によってのみ解決される。

現在の問題は、演説や多数決ではなく、鉄と

  •  -
  •  -

1073: 本来、弱い士卒という者はいない。もし弱い者がいれば、その人が悪いのではなく大将が励まさないことに罪がある。

本来、弱い士卒という者はいない。もし弱い

  •  -
  •  -

1071: 寝床につくとき、翌朝起きることを楽しみにしている人は幸福である。

寝床につくとき、翌朝起きることを楽しみに

  •  -
  •  -

1070: ソ連の崩壊は20世紀最大の地政学的破局だ

ソ連の崩壊は20世紀最大の地政学的破局だ

  •  -
  •  -

1069: 信念を持たない限り、 人に信念を与えることはできない。

信念を持たない限り、 人に信念を与えるこ

  •  -
  •  -

1068: 善事をして悪しざまにいわれる者は幸いなり

善事をして悪しざまにいわれる者は幸いなり

  •  -
  •  -

1067: 自ら見る、これを明と謂う

自ら見る、これを明と謂う韓非の名言Wikipe

  •  -
  •  -

1066: 国を支配しているのは男。 その男たちを支配しているのは私。

国を支配しているのは男。その男たちを支配

  •  -
  •  -

1065: 必要とされるものは、デリケートな耳、すぐれた記憶力、前時代の断片を調和のある全体へと溶け合わせる力量である

必要とされるものは、デリケートな耳、すぐ

  •  -
  •  -

1064: 片手だけでは拍手できない。片足だけでは歩けない。右手と左手が感応して拍手になり、右足と左足が感応して歩く。だから相手が感応するまで祈り続けなさい。

片手だけでは拍手できない。片足だけでは歩

  •  -
  •  -

1063: 徳なき恐怖は忌まわしく、恐怖なき徳は無力である

徳なき恐怖は忌まわしく、恐怖なき徳は無力

  •  -
  •  -

1062: 少しずつ前に進んでいるという感覚は、人間としてすごく大事

少しずつ前に進んでいるという感覚は、人間

  •  -
  •  -

1061: 人生の最大の敵 それは「鈍感」である。

人生の最大の敵それは「鈍感」である。野村

  •  -
  •  -

1060: 嫉妬深い人間は、自ら真実の徳をめざして努力するよりも、人を中傷するのが、相手を凌駕する道だと考える。

嫉妬深い人間は、自ら真実の徳をめざして努

  •  -
  •  -

1059: あなたの悲哀がいかに大きくても、世間の同情を乞おうとしてはならない。なぜなら、同情の中には軽蔑の念が含まれているからだ。

あなたの悲哀がいかに大きくても、世間の同

  •  -
  •  -

1058: 子供と動物はずいぶんよく似ています。どちらも自然に近いのです。でも子供が狡猾な猿よりも良く理解する事が一つあります。それは偉人の立派な行為のことです。

子供と動物はずいぶんよく似ています。どち

  •  -
  •  -

1057: 何年もたち、時が流れ、君の意見の多くがその逆になることもあるのだよ。

何年もたち、時が流れ、君の意見の多くがそ

  •  -
  •  -

1056: 真理は、子供の口から出る。

真理は、子供の口から出る。プラトンの名言

  •  -
  •  -

1055: 哲学者の全生涯は、まさに死に至ることと、その死を成就すること他ならず。

哲学者の全生涯は、まさに死に至ることと、

  •  -
  •  -

1054: 破廉恥に対する羞恥心も、美を求める努力も、ともに欠けているようでは、国家にしろ個人にしろ、偉大な美しい行為を果たすことはできない。

破廉恥に対する羞恥心も、美を求める努力も

  •  -
  •  -

1053: 時は、未来永劫の幻影なり。

時は、未来永劫の幻影なり。プラトンの名言

  •  -
  •  -

1052: 思慮を持ち正義をかざしてその生涯を送らなければ、何者も決して幸福にはなれないだろう。

思慮を持ち正義をかざしてその生涯を送らな

  •  -
  •  -

1051: 徳は一種の健康であり、美であり、魂のよいあり方なり。それに反し、悪徳は病気であり、醜であり、弱さなり。

徳は一種の健康であり、美であり、魂のよい

  •  -
  •  -

1050: 無理に強いられた学習というものは、何ひとつ魂のなかに残りはしない。

無理に強いられた学習というものは、何ひと

  •  -
  •  -

1049: 魂には眼がある。それによってのみ真理を見ることができる。

魂には眼がある。それによってのみ真理を見

  •  -
  •  -

1048: 驚きは、知ることの始まりである。

驚きは、知ることの始まりである。プラトン

  •  -
  •  -

1047: 哲学というものは、たしかに結構なものだよ。ひとが若い年頃に、ほどよくそれに触れておくぶんにはね。しかし、必要以上にそれにかかずらっていると、人間を破滅させてしまうことになるのだ。

哲学というものは、たしかに結構なものだよ

  •  -
  •  -

1046: 哲学は、最高の文芸なり。

哲学は、最高の文芸なり。プラトンの名言Wi

  •  -
  •  -

1045: 徹底的にどうしようもなく道を踏みはずした悪人に対しては、怒りをあらわにすべきである。

徹底的にどうしようもなく道を踏みはずした

  •  -
  •  -

1044: 正義とは、己にふさわしきものを所有し、己にふさわしきように行為することなり。

正義とは、己にふさわしきものを所有し、己

  •  -
  •  -

1043: だれに対しても、不正を不正でもって、悪を悪でもって、埋め合わせしてはいけない。よしんば、その相手にどれほど苦しめられていようとである。

だれに対しても、不正を不正でもって、悪を

  •  -
  •  -

1042: 正義とは、強者の利益にほかならず。

正義とは、強者の利益にほかならず。プラト

  •  -
  •  -

1041: 恋されて恋するのは恋愛ではなく友愛である。

恋されて恋するのは恋愛ではなく友愛である

  •  -
  •  -

1040: 二度子供になるは老人のみならず、酔っぱらいもしかり。

二度子供になるは老人のみならず、酔っぱら

  •  -
  •  -

1039: 我々は、自らが熟考しているものになる。

我々は、自らが熟考しているものになる。プ

  •  -
  •  -

1038: いかに知識を身につけたとしても全知全能になることなどはできないが、勉強しない人々とは天地ほどの開きができる。

いかに知識を身につけたとしても全知全能に

  •  -
  •  -

1037: 偉大な人物たらんとする者は、自分自身や自分に属するものをではなく、正しいことをこそ愛すべきなのだ。

偉大な人物たらんとする者は、自分自身や自

  •  -
  •  -

1036: 老齢は明らかに迅速なり。われらに必要以上に迅速に切迫す。

老齢は明らかに迅速なり。われらに必要以上

  •  -
  •  -

1035: ただ死者のみが戦争の終わりを見たのである。

ただ死者のみが戦争の終わりを見たのである

  •  -
  •  -

1034: 愛に触れると誰でも詩人になる。

愛に触れると誰でも詩人になる。プラトンの

  •  -
  •  -

1033: 音楽は、世界に魂を与え、精神に翼をあたえる。そして想像力に高揚を授け、あらゆるものに生命をさずける。

音楽は、世界に魂を与え、精神に翼をあたえ

  •  -
  •  -

1032: 少年を暴力と厳しさによって教え込もうとするな。彼の興味を利用して指導せよ。そうすれば自分の能力がどこに向いているか、少年自身で見出しやすくなる。

少年を暴力と厳しさによって教え込もうとす

  •  -
  •  -

1030: 科学は、知覚以外の何物でもなし。

科学は、知覚以外の何物でもなし。プラトン

  •  -
  •  -

1031: 人間のことは何にてあれ、大いなる心労に値せず。

人間のことは何にてあれ、大いなる心労に値

  •  -
  •  -

1028: リズムとハーモニーは、魂のもっとも深いところに至る道を持っている。

リズムとハーモニーは、魂のもっとも深いと

  •  -
  •  -

1027: 人間の最も基本的な分類として、「知を愛する人」「勝利を愛する人」「利得を愛する人」という三つの種類がある。

人間の最も基本的な分類として、「知を愛す

  •  -
  •  -

1026: 恋という狂気こそは、まさにこよなき幸いのために神々から授けられる。

恋という狂気こそは、まさにこよなき幸いの

  •  -
  •  -

1025: はじまりは労働の最も重要な部分である。

はじまりは労働の最も重要な部分である。プ

  •  -
  •  -

1024: 親切にしなさい。あなたが会う人はみんな、厳しい闘いをしているのだから。

親切にしなさい。あなたが会う人はみんな、

  •  -
  •  -

1023: 自分に打ち勝つことが、最も偉大な勝利である。

自分に打ち勝つことが、最も偉大な勝利であ

  •  -
  •  -

1022: 賢者は、話すべきことがあるから口を開く。愚者は、話さずにはいられないから口を開く。

賢者は、話すべきことがあるから口を開く。

  •  -
  •  -

1021: 目は心の窓である。

目は心の窓である。プラトンの名言Wikipedi

  •  -
  •  -

1020: 悪法もまた法なり。

悪法もまた法なり。ソクラテスの名言Wikipe

  •  -
  •  -

1019: 法は、善人のために作られるものではない。

法は、善人のために作られるものではない。

  •  -
  •  -

1029: 人間のことは何にてあれ、大いなる心労に値せず。

人間のことは何にてあれ、大いなる心労に値

  •  -
  •  -

1018: 不正を受ける者は、不正を働く者よりも幸福である。

不正を受ける者は、不正を働く者よりも幸福

  •  -
  •  -

1017: 人間の最大の幸福は、日ごとに徳について語りえることなり。魂なき生活は人間に値する生活にあらず。

人間の最大の幸福は、日ごとに徳について語

  •  -
  •  -

1016: 我々が皆自分の不幸を持ち寄って並べ、それを平等に分けようとしたら、ほとんどの人が今自分が受けている不幸の方がいいと言って立ち去るであろう。

我々が皆自分の不幸を持ち寄って並べ、それ

  •  -
  •  -

1015: 何人も本意から悪人たるものなし。

何人も本意から悪人たるものなし。ソクラテ

  •  -
  •  -

1014: 満足は自然の与える富である。贅沢は人為的貧困である。

満足は自然の与える富である。贅沢は人為的

  •  -
  •  -

1013: 幼にして謙遜なれ。弱にして温和なれ、壮にして公正なれ。老いては慎重なれ。

幼にして謙遜なれ。弱にして温和なれ、壮に

  •  -
  •  -

1012: 少量をうまくやる方が、大量にまずくやるよりもよい。

少量をうまくやる方が、大量にまずくやるよ

  •  -
  •  -

1011: 死はいうまでもなく、肉体よりの解放にほかならず。

死はいうまでもなく、肉体よりの解放にほか

  •  -
  •  -

1010: 名声は英雄的行為の芳香なり。

名声は英雄的行為の芳香なり。ソクラテスの

  •  -
  •  -

1009: 友と敵とがなければならぬ。友は忠言を、敵は警告を与う。

友と敵とがなければならぬ。友は忠言を、敵

  •  -
  •  -

1008: 賢者は複雑なことをシンプルに考える。

賢者は複雑なことをシンプルに考える。ソク

  •  -
  •  -

1007: 汝自らを知れ。

汝自らを知れ。ソクラテスの名言Wikipedia

  •  -
  •  -

1006: 魂の探求の無い生活は、人間にとって生きがいの無いものである。

魂の探求の無い生活は、人間にとって生きが

  •  -
  •  -

1005: 善人においては、現世にても死後にても悪は発生せず。

善人においては、現世にても死後にても悪は

  •  -
  •  -

1004: 何人たりとも、不正に報いてはならない。

何人たりとも、不正に報いてはならない。ソ

  •  -
  •  -

1003: 真の賢者は己の愚を知る者なり。

真の賢者は己の愚を知る者なり。ソクラテス

  •  -
  •  -

1002: 勉学は光であり、無学は闇である。

勉学は光であり、無学は闇である。ソクラテ

  •  -
  •  -

1001: 財産や名誉を得る事のみ執心し、己の魂を善くする事に努めないのを恥とは思わないのか。

財産や名誉を得る事のみ執心し、己の魂を善

  •  -
  •  -

1000: 自分自身が無知であることを知っている人間は、自分自身が無知であることを知らない人間より賢い。

自分自身が無知であることを知っている人間

  •  -
  •  -

999: 死ぬことと、自分の信念とどちらが大事か!

死ぬことと、自分の信念とどちらが大事か!

  •  -
  •  -

998: 子供は、生まれたその日から、厳しくしつけなければならないものだ。

子供は、生まれたその日から、厳しくしつけ

  •  -
  •  -

997: 父母に恩を感じないなら、汝の友となる者はいないだろう。

父母に恩を感じないなら、汝の友となる者は

  •  -
  •  -

996: 一番大切なことは、単に生きることではなく、善く生きることである。

一番大切なことは、単に生きることではなく

  •  -
  •  -

995: 指導者とは、自己を売って、正義を買った人間だ。

指導者とは、自己を売って、正義を買った人

  •  -
  •  -

994: 嘘はいつまでも続かない。

嘘はいつまでも続かない。ソクラテスの名言

  •  -
  •  -

993: 幸福になろうとするならば、節制と正義とが自己に備わるように行動しなければならない。

幸福になろうとするならば、節制と正義とが

  •  -
  •  -

992: 人間の美徳はすべてその実践と経験によっておのずと増え、強まるのである。

人間の美徳はすべてその実践と経験によって

  •  -
  •  -

991: 良い評判を得る方法は、自分自身が望む姿になるよう努力することだ。

良い評判を得る方法は、自分自身が望む姿に

  •  -
  •  -

990: 生きるために食べよ、食べるために生きるな。

生きるために食べよ、食べるために生きるな

  •  -
  •  -

989: 吟味されざる生に、生きる価値なし。

吟味されざる生に、生きる価値なし。ソクラ

  •  -
  •  -

988: 他人からされたら怒るようなことを人にしてはいけない。

他人からされたら怒るようなことを人にして

  •  -
  •  -

987: 世界を動かそうと思ったら、まず自分自身を動かせ。

世界を動かそうと思ったら、まず自分自身を

  •  -
  •  -

986: 討論が終わったとき、悪口は敗者の道具になるのだ。

討論が終わったとき、悪口は敗者の道具にな

  •  -
  •  -

985: 一番小さなことでも満足できる人が一番裕福である。何故なら満足を感じることが自然が与えてくれる富だからだ。

一番小さなことでも満足できる人が一番裕福

  •  -
  •  -

984: いかなる財宝とくらべようとも、良友にまさるものはないではないか。

いかなる財宝とくらべようとも、良友にまさ

  •  -
  •  -

983: 良い本を読まない人は、字の読めない人と等しい。

良い本を読まない人は、字の読めない人と等

  •  -
  •  -

982: よりよく生きる道を探し続けることが、最高の人生を生きることだ。

よりよく生きる道を探し続けることが、最高

  •  -
  •  -

981: 出発の時間がきた。そして、私たちはそれぞれの道を行く。私は死ぬ、あなたは生きる。どっちが良いのかは神だけが知っている。

出発の時間がきた。そして、私たちはそれぞ

  •  -
  •  -

980: 死は、人間のもっているすべての恵みの中でも最高のものである。

死は、人間のもっているすべての恵みの中で

  •  -
  •  -

979: 唯一の善は知識であり、唯一の悪は無知である。

唯一の善は知識であり、唯一の悪は無知であ

  •  -
  •  -

978: わたしは最小限の欲望しかもたない、したがって、わたしは神にもっとも近い。

わたしは最小限の欲望しかもたない、したが

  •  -
  •  -

977: ねたみとは魂の腐敗である。

ねたみとは魂の腐敗である。ソクラテスの名

  •  -
  •  -

976: 富は良心をもたらさない。しかし良心は、富ばかりでなく、望まれるもの全てを、個人にも国家にももたらすのである。

富は良心をもたらさない。しかし良心は、富

  •  -
  •  -

975: 金持ちがどんなにその富を自慢しているとしても、彼がその富をどんなふうに使うかが判るまで、彼をほめてはいけない。

金持ちがどんなにその富を自慢しているとし

  •  -
  •  -

974: 私が知っているのは、自分が何も知らないということだけだ。

私が知っているのは、自分が何も知らないと

  •  -
  •  -

973: われはアテネ人にあらず、ギリシア人にあらずして世界市民なり。

われはアテネ人にあらず、ギリシア人にあら

  •  -
  •  -

972: 人間に関することに安定などないことを忘れてはならない。それゆえに、繁栄している時には過度の喜びを避け、逆境にある時には過度の落ち込みを避けなさい。

人間に関することに安定などないことを忘れ

  •  -
  •  -

971: 唯一の真の英知とは、自分が無知であることを知ることにある。

唯一の真の英知とは、自分が無知であること

  •  -
  •  -

970: 本をよく読むことで自分を成長させていきなさい。本は著者がとても苦労して身に付けたことを、たやすく手に入れさせてくれるのだ。

本をよく読むことで自分を成長させていきな

  •  -
  •  -

969: あなたのあらゆる言動をほめる人は信頼するに値しない。間違いを指摘してくれる人こそ信頼できる。

あなたのあらゆる言動をほめる人は信頼する

  •  -
  •  -

968: とにかく結婚したまえ。良妻を持てば幸福になれるし、悪妻を持てば哲学者になれる。

とにかく結婚したまえ。良妻を持てば幸福に

  •  -
  •  -

967: 富貴は 浮雲のごとし

富貴は 浮雲のごとし孔子の名言Wikipedia

  •  -
  •  -

966: 高貴な人間は自分自身に、平俗な人間は他人に、要求を課する。

高貴な人間は自分自身に、平俗な人間は他人

  •  -
  •  -

965: 悪に報いるには正義をもってし、善に報いるには善をもってせよ。

悪に報いるには正義をもってし、善に報いる

  •  -
  •  -

964: 人間は逆境において人間の真価を試される。人生の達人は逆境を楽しみ、順境もまた楽しむのです。

人間は逆境において人間の真価を試される。

  •  -
  •  -

963: 二度と帰らぬものは過ぎ去った歳月である。二度と会うことができないのは死んでしまった親である。

二度と帰らぬものは過ぎ去った歳月である。

  •  -
  •  -

962: 三人行けば必ず我が師あり。その善なるものをえらび、之に従い、その不全なるものはこれを改む。

三人行けば必ず我が師あり。その善なるもの

  •  -
  •  -

961: 成功者は必ず、その人なりの哲学をもっているものだ。その哲学がしっかりしているからこそ、成功者の人生は揺るがないのだ。

成功者は必ず、その人なりの哲学をもってい

  •  -
  •  -

960: 君子は和して同ぜず 小人は同じて和せず

君子は和して同ぜず 小人は同じて和せず孔

  •  -
  •  -

959: 何事も楽しんでやりなさい。楽しんでやることで、思わぬ力が発揮されるものなのだ。

何事も楽しんでやりなさい。楽しんでやるこ

  •  -
  •  -

958: 好きなことを仕事にすれば、一生働かなくてすむ。

好きなことを仕事にすれば、一生働かなくて

  •  -
  •  -

957: 物事を迅速にしたいと、望んではならない。小さな利点に目をとめてはならない。物事を早く行うことばかり望むと、十分になすことができない。小さな利点にとらわれると、大きな仕事が達成できない。

物事を迅速にしたいと、望んではならない。

  •  -
  •  -

956: 学べばすなわち 固ならず

学べばすなわち 固ならず孔子の名言Wikipe

  •  -
  •  -

955: 良心に照らして少しもやましいところがなければ、何を悩むことがあろうか。何を恐れることがあろうか。

良心に照らして少しもやましいところがなけ

  •  -
  •  -

954: 過ぎたるは なお及ばざるが如し

過ぎたるは なお及ばざるが如し孔子の名言

  •  -
  •  -

953: 人の本性はみなほとんど同じである。違いが生じるのはそれぞれの習慣によってである。

人の本性はみなほとんど同じである。違いが

  •  -
  •  -

952: 自分自身に対する誠実さと他人に対する優しさ、すべてはこの二つに包括される。

自分自身に対する誠実さと他人に対する優し

  •  -
  •  -

951: 十人が十人とも悪く言う奴、これは善人であろうはずがない。だからといって十人が十人ともよくいう奴、これも善人とは違う。真の善人とは、十人のうち五人がけなし、五人がほめる人物である。

十人が十人とも悪く言う奴、これは善人であ

  •  -
  •  -

950: 一を以て 之を貫く

一を以て 之を貫く孔子の名言Wikipediaか

  •  -
  •  -

949: 過ちて改めざる これを過ちという

過ちて改めざる これを過ちという孔子の名

  •  -
  •  -

948: その人を知らざれば、その友を見よ。

その人を知らざれば、その友を見よ。孔子の

  •  -
  •  -

947: 君子は平安でのびのびしているが、小人はいつでもくよくよしている。

君子は平安でのびのびしているが、小人はい

  •  -
  •  -

946: 朝(あした)に道を聞かば 夕べに死すとも可なり

朝(あした)に道を聞かば 夕べに死すとも

  •  -
  •  -

945: 己達せんと欲して人を達せしむ

己達せんと欲して人を達せしむ孔子の名言Wi

  •  -
  •  -

944: 止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい。

止まりさえしなければ、どんなにゆっくりで

  •  -
  •  -

943: 良薬は口に苦くして病に利あり 忠言は耳に逆らいて行いに利あり

良薬は口に苦くして病に利あり 忠言は耳に

  •  -
  •  -

942: 徳は孤ならず 必ず隣あり

徳は孤ならず 必ず隣あり孔子の名言Wikipe

  •  -
  •  -

941: 学びて思わざればすなわち罔(くら)し、思いて学ばざればすなわち殆(あやう)し

学びて思わざればすなわち罔(くら)し、思

  •  -
  •  -

940: 巧言令色鮮し仁

巧言令色鮮し仁孔子の名言Wikipediaから孔

  •  -
  •  -

939: 義を見てせざるは 勇無きなり

義を見てせざるは 勇無きなり孔子の名言Wik

  •  -
  •  -

936: 最も賢い者と最も愚かなものだけが、決して変わることがない。

最も賢い者と最も愚かなものだけが、決して

  •  -
  •  -

938: 徳ある人を見たら、その人に並ぶことをめざせ。徳なき人を見たら、我が身を振り返り、自省せよ。

徳ある人を見たら、その人に並ぶことをめざ

  •  -
  •  -

937: 知らざるを知らずと為す是知るなり

知らざるを知らずと為す是知るなり孔子の名

  •  -
  •  -

935: 崇高なものは我々を感動させ、美しいものは我々を魅了する。森は、夜崇高であり、昼美しい。

崇高なものは我々を感動させ、美しいものは

  •  -
  •  -

934: 高慢な人は常に心の底では卑劣である。

高慢な人は常に心の底では卑劣である。イマ

  •  -
  •  -

933: 人は人によりてのみ人となり得べし、人より教育の結果を取り除けば無とならん。

人は人によりてのみ人となり得べし、人より

  •  -
  •  -

932: われは孤独である。われは自由である。われはわれみずからの王である。

われは孤独である。われは自由である。われ

  •  -
  •  -

931: 善行は、これを他人に施すものではない。これをもって自分自身の義務を済ますのである。

善行は、これを他人に施すものではない。こ

  •  -
  •  -

930: 人が財産を使うに際しては、慎重さとためらいとがある。それは善行ではないし、手腕も能力も必要とはしない。

人が財産を使うに際しては、慎重さとためら

  •  -
  •  -

929: 汝の意志の規律が、いつの場合でも、一般に立法の原理として適用できるように行動せよ。

汝の意志の規律が、いつの場合でも、一般に

  •  -
  •  -

928: 天才は生得の心の素質であり、これによって自然は芸術に規則を与える。

天才は生得の心の素質であり、これによって

  •  -
  •  -

927: 美には客観的な原理はない。

美には客観的な原理はない。イマヌエル・カ

  •  -
  •  -

926: われわれは、光のもとで暗闇を、幸福のもとで悲惨を、満足のもとで苦痛を思い起こすことはまれである。しかし、その逆はいつもである。

われわれは、光のもとで暗闇を、幸福のもと

  •  -
  •  -

925: 真の人間性に最もよく調和する愉しみは、よき仲間との愉しい食事である。

真の人間性に最もよく調和する愉しみは、よ

  •  -
  •  -

924: あらゆる宗教は道徳をその前提とする。

あらゆる宗教は道徳をその前提とする。イマ

  •  -
  •  -

923: 法律においては、他人の権利を侵害する時には罰せられる。道徳においては、侵害しようと考えるだけで罪である。

法律においては、他人の権利を侵害する時に

  •  -
  •  -

921: 暗黒のなかでは、我々の想像力は、明るい光におけるよりもたくましく働くのを常とする。

暗黒のなかでは、我々の想像力は、明るい光

  •  -
  •  -

922: 苦悩は活動への拍車である。そして活動の中にのみ我々は我々の生命を感じる。

苦悩は活動への拍車である。そして活動の中

  •  -
  •  -

920: 民主政治は専制政体と変わらない。なぜならば、民主政治とは全員がひとりの意志を無視し、時にはこれに逆らって議決し得る。という全員ならぬ全員が、議決し得る執行権を認めるからである。

民主政治は専制政体と変わらない。なぜなら

  •  -
  •  -

919: 努力によって得られる習慣だけが善である。

努力によって得られる習慣だけが善である。

  •  -
  •  -

918: 教育は、人間に課すことのできる最も大きい、難しい問題である。

教育は、人間に課すことのできる最も大きい

  •  -
  •  -

917: 何度も繰り返し長い時間をかけて考えれば考えるほど、いつも新たな、いよいよ強い感嘆と畏敬とで心をみたすものが二つある。私の上なる星空と私の内なる道徳法則とである。

何度も繰り返し長い時間をかけて考えれば考

  •  -
  •  -

916: 自由とは、すべての特権を有効に発揮させる特権である。

自由とは、すべての特権を有効に発揮させる

  •  -
  •  -

913: 笑いとは張り詰められていた予期が突如として無に変わることから起こる情緒である。

笑いとは張り詰められていた予期が突如とし

  •  -
  •  -

915: 上司は無理を言うものだ

上司は無理を言うものだ豊臣 秀吉の名言Wik

  •  -
  •  -

912: 酒は口を軽快にする。だが、酒はさらに心を打ち明けさせる。こうして酒はひとつの道徳的性質、つまり心の率直さを運ぶ物質である。

酒は口を軽快にする。だが、酒はさらに心を

  •  -
  •  -

911: 最も平安な、そして純粋な喜びの一つは、労働をした後の休息である。

最も平安な、そして純粋な喜びの一つは、労

  •  -
  •  -

910: 宗教とは、我々の義務のすべてを神の命令とみなすことである。

宗教とは、我々の義務のすべてを神の命令と

  •  -
  •  -

914: 上司は軽率なことを言ってはいけない

上司は軽率なことを言ってはいけない上杉

  •  -
  •  -

909: 笑いは消化を助ける。胃散よりはるかに効く。

笑いは消化を助ける。胃散よりはるかに効く

  •  -
  •  -

908: 友情関係は同等関係である。

友情関係は同等関係である。イマヌエル・カ

  •  -
  •  -

907: 互いに自由を妨げない範囲において、我が自由を拡張すること、これが自由の法則である。

互いに自由を妨げない範囲において、我が自

  •  -
  •  -

906: 絶対は絶対にない

絶対は絶対にない織田 信長の名言Wikipedia

  •  -
  •  -

905: 科学とは体系化された知識で、知恵とは整理された生活である。

科学とは体系化された知識で、知恵とは整理

  •  -
  •  -

904: 我が行いを見習えと、誰にでも言い得るよう行為せよ。

我が行いを見習えと、誰にでも言い得るよう

  •  -
  •  -

903: 我々は動物の扱い方によって、その人の心を判断することができる。

我々は動物の扱い方によって、その人の心を

  •  -
  •  -

902: 人、城を頼らば、城、人を捨てる

人、城を頼らば、城、人を捨てる織田 信長

  •  -
  •  -

900: 人間はすべて、文明が進めば進むほど俳優になっていく。つまり、人間は他人に対する尊敬と好意、典雅と無私の風を装うが、それにたぶらかされる人はいない。

人間はすべて、文明が進めば進むほど俳優に

  •  -
  •  -

899: 徳にとってまず要求されることは、自己自身を支配することである。

徳にとってまず要求されることは、自己自身

  •  -
  •  -

898: あらゆる事物は価値を持っているが、人間は尊厳を有している。人間は、決して目的のための手段にされてはならない。

あらゆる事物は価値を持っているが、人間は

  •  -
  •  -

901: コレデオシマイ

コレデオシマイ勝 海舟の名言Wikipediaから

  •  -
  •  -

897: すべての知識は経験に基づく。

すべての知識は経験に基づく。イマヌエル・

  •  -
  •  -

896: 内容のない思考は空虚であり、概念のない直観は盲目である。

内容のない思考は空虚であり、概念のない直

  •  -
  •  -

895: 真面目に恋をする男は、恋人の前では困惑したり拙劣であり、愛嬌もろくにないものである。

真面目に恋をする男は、恋人の前では困惑し

  •  -
  •  -

894: 運は天にあり、鎧は胸にあり

運は天にあり、鎧は胸にあり上杉 謙信の名

  •  -
  •  -

893: 哲学は学べない。学べるのは哲学することだけである。

哲学は学べない。学べるのは哲学することだ

  •  -
  •  -

892: 自分に何ができるかは、自分以外の者には分からない。いや、自分でもやってみるまではわからないものだ。

自分に何ができるかは、自分以外の者には分

  •  -
  •  -

891: 新しい知恵が浮かばなかったら、古い知恵を上手に使う方法を見つけよ。

新しい知恵が浮かばなかったら、古い知恵を

  •  -
  •  -

890: 重要なのは人生の長さではない。人生の深さだ。

重要なのは人生の長さではない。人生の深さ

  •  -
  •  -

889: 自分自身を最大限に利用しなさい。あなたにとって、あるのはそれだけなのですから。

自分自身を最大限に利用しなさい。あなたに

  •  -
  •  -

888: 自分に自信を失うと、世界中が自分に敵対する。

自分に自信を失うと、世界中が自分に敵対す

  •  -
  •  -

887: 心の奥底に達してあらゆる病を癒せる音楽、それは温かい言葉だ。

心の奥底に達してあらゆる病を癒せる音楽、

  •  -
  •  -

886: 無人島で紳士たり得る人は、真の人なり。

無人島で紳士たり得る人は、真の人なり。エ

  •  -
  •  -

879: 是非に及ばず

是非に及ばず織田 信長の名言Wikipediaから

  •  -
  •  -

885: 不正に対する感覚が鈍ること – それは、知性が浅はかな証拠である。

不正に対する感覚が鈍ること – それは、知

  •  -
  •  -

884: 友情は神の楽園の中でも実を結ぶのが一番遅く、長い年月を経てようやく熟する果実である。

友情は神の楽園の中でも実を結ぶのが一番遅

  •  -
  •  -

883: 貧しさは、貧しいと感じるところにある。

貧しさは、貧しいと感じるところにある。エ

  •  -
  •  -

882: 生活は簡素に、思想は高く。

生活は簡素に、思想は高く。エマソンの名言

  •  -
  •  -

881: 行動しなさい。そうすれば力が湧いてきます。

行動しなさい。そうすれば力が湧いてきます

  •  -
  •  -

880: 指輪や宝石は贈り物ではない。唯一の贈り物は、汝自身の一部を贈ることだ。

指輪や宝石は贈り物ではない。唯一の贈り物

  •  -
  •  -

878: 臆病者には、敵が多く見える

織田 信長の名言Wikipediaから織田 信長(

  •  -
  •  -

877: 芸術家は自分の芸術の犠牲にならなければいけない。蜜蜂が自分の針に生命をかけるように、芸術家もそうでなければならない。

芸術家は自分の芸術の犠牲にならなければい

  •  -
  •  -

876: どんな人でも生きているかぎり存在の必要がある。

どんな人でも生きているかぎり存在の必要が

  •  -
  •  -

875: 暗殺者は世界の歴史を変えなかった。

暗殺者は世界の歴史を変えなかった。エマソ

  •  -
  •  -

874: 完全を求めることは、人間の心を悩ませるこの世で最悪の病である。

完全を求めることは、人間の心を悩ませるこ

  •  -
  •  -

873: 恩義を忘れ,私欲を貪り,人と呼べるか

恩義を忘れ,私欲を貪り,人と呼べるか真田幸

  •  -
  •  -

872: 当人が偉大になればいい。そうすれば恋のほうから必ずあとについてくる。

当人が偉大になればいい。そうすれば恋のほ

  •  -
  •  -

871: 美しい姿は美しい顔に勝り、美しい行いは美しい姿に勝る。

美しい姿は美しい顔に勝り、美しい行いは美

  •  -
  •  -

870: 金を払う相手は先生だが、実際に私の息子を教育してくれたのは生徒たちだ。

金を払う相手は先生だが、実際に私の息子を

  •  -
  •  -

869: 石川や 浜の真砂は 尽きるとも 世に盗人の 種は尽きまじ

石川や 浜の真砂は 尽きるとも 世に盗人の

  •  -
  •  -

868: 仕事の成功に対する報酬は、その仕事を成し遂げた、ということである。

仕事の成功に対する報酬は、その仕事を成し

  •  -
  •  -

867: 悲壮感は第三者の目に映り、苦しむ者の心にはない。

悲壮感は第三者の目に映り、苦しむ者の心に

  •  -
  •  -

866: 不満は自負の欠乏であり、意志の衰弱である。

不満は自負の欠乏であり、意志の衰弱である

  •  -
  •  -

865: 群衆の中にあっても孤独を守る人こそ、至高の人である。

群衆の中にあっても孤独を守る人こそ、至高

  •  -
  •  -

862: 君が為 尽くす心は 水の泡 消えにし後は 澄み渡る空

君が為 尽くす心は 水の泡 消えにし後は 澄

  •  -
  •  -

864: あなたが今、夢中になっているものを大切にしなさい。それはあなたが真に求めているものだから。

あなたが今、夢中になっているものを大切に

  •  -
  •  -

863: 愛らしさのない美は、餌のない釣り針である。

愛らしさのない美は、餌のない釣り針である

  •  -
  •  -

855: 理由をつけて時の利を逃すな

理由をつけて時の利を逃すな伊達 政宗の名

  •  -
  •  -

861: 運を開く秘訣は、各人が持つ喜びの中にある。

運を開く秘訣は、各人が持つ喜びの中にある

  •  -
  •  -

860: この世で幸福以上の何かを求める人は、幸福の分け前にあずからなくとも、不平を言ってはならない。

この世で幸福以上の何かを求める人は、幸福

  •  -
  •  -

859: 自分が尊厳を守るのではなく、尊厳が自分を守るようにする。

自分が尊厳を守るのではなく、尊厳が自分を

  •  -
  •  -

854: 茶碗を割ったのではない。自分の器量の小ささを割ったのだ

茶碗を割ったのではない。自分の器量の小さ

  •  -
  •  -

858: 他人とは、自分自身の心を読み取ることのできるレンズである。

他人とは、自分自身の心を読み取ることので

  •  -
  •  -

857: どんな芸術家でも最初は素人だった。

どんな芸術家でも最初は素人だった。エマソ

  •  -
  •  -

856: 雑草とは何か?その美点がまだ発見されていない植物である。

雑草とは何か?その美点がまだ発見されてい

  •  -
  •  -

853: 朝夕の食事はうまからずともほめて食うべし

朝夕の食事はうまからずともほめて食うべし

  •  -
  •  -

852: 友人を得る唯一の方法は、自分がその人の友人になることである。

友人を得る唯一の方法は、自分がその人の友

  •  -
  •  -

851: 過去に何があり、未来に何があるかは些細なことだ。私たちの内部に何があるかに比べれば。

過去に何があり、未来に何があるかは些細な

  •  -
  •  -

848: 誰かに必要とされる人間であれ。

誰かに必要とされる人間であれ。エマソンの

  •  -
  •  -

850: いたずらに月日を送り 病におかされ 床の上にて死なん命の口惜しや

いたずらに月日を送り 病におかされ 床の上

  •  -
  •  -

847: 常に自分の恐れることをなせ。

常に自分の恐れることをなせ。エマソンの名

  •  -
  •  -

846: 人を信頼しなさい。そうすれば人はあなたに正直になるだろう。素晴らしい人物として接しなさい。そうすれば素晴らしさを示してくれるだろう。

人を信頼しなさい。そうすれば人はあなたに

  •  -
  •  -

845: 英雄は普通の人より勇気があるのではなく、ただ五分間ほど勇気が長続きするだけである。

英雄は普通の人より勇気があるのではなく、

  •  -
  •  -

849: 大事の義は、人に談合せず、一心に究めたるがよし

大事の義は、人に談合せず、一心に究めたる

  •  -
  •  -

844: どんなに暗くても、星は輝いている。

どんなに暗くても、星は輝いている。エマソ

  •  -
  •  -

843: 敷かれた道を進むより、道なきところに自ら道を築いて進め。

敷かれた道を進むより、道なきところに自ら

  •  -
  •  -

842: 嫉妬は無知のしるしであり、人真似は自殺行為である。

嫉妬は無知のしるしであり、人真似は自殺行

  •  -
  •  -

841: 自分の好きな事は自分にとって毒だと思え

自分の好きな事は自分にとって毒だと思え小

  •  -
  •  -

840: 絶えずあなたを何者かに変えようとする世界の中で、自分らしくあり続けること。それがもっとも素晴らしい偉業である。

絶えずあなたを何者かに変えようとする世界

  •  -
  •  -

839: 成功したいのなら、人並み以上の努力をするのだ。

成功したいのなら、人並み以上の努力をする

  •  -
  •  -

838: 情熱なくして偉業が達成されたことはない。

情熱なくして偉業が達成されたことはない。

  •  -
  •  -

837: 悪人こそ我が師なり

悪人こそ我が師なり島津 義久の名言Wikiped

  •  -
  •  -

836: 質問にたどり着いたなら、答えはすぐそこだ。

質問にたどり着いたなら、答えはすぐそこだ

  •  -
  •  -

835: 恐怖は常に無知から生じる。

恐怖は常に無知から生じる。エマソンの名言

  •  -
  •  -

834: 快活さと明るい気分というものは、使えば使うほど残りは多くなる。

快活さと明るい気分というものは、使えば使

  •  -
  •  -

827: 我が気に入らぬことが、我がためになるものなり

我が気に入らぬことが、我がためになるもの

  •  -
  •  -

833: 我々はそれぞれ、違う温度で沸騰する。

我々はそれぞれ、違う温度で沸騰する。エマ

  •  -
  •  -

832: 一粒の木の実は、いくつもの森を生む。

一粒の木の実は、いくつもの森を生む。エマ

  •  -
  •  -

831: その日その日が一年中の最善の日である。

その日その日が一年中の最善の日である。エ

  •  -
  •  -

824: 身を捨てて、この世の他に生きる世なし。いづくか終(つい)の住処(すみか)なりけぬ

身を捨てて、この世の他に生きる世なし。い

  •  -
  •  -

830: 毎日毎日をきっぱりと終了せよ。あなたは全力を尽くしたのだから。

毎日毎日をきっぱりと終了せよ。あなたは全

  •  -
  •  -

829: 偉大な栄光とは失敗しないことではない。失敗するたびに立ち上がることにある。

偉大な栄光とは失敗しないことではない。失

  •  -
  •  -

828: 私が出会う人は皆、私より優れているところがある。

私が出会う人は皆、私より優れているところ

  •  -
  •  -

822: 予は一人の僧も理不尽に殺したことはない

予は一人の僧も理不尽に殺したことはない織

  •  -
  •  -

826: 心に欲のない時は、道理ある正しい道を進む

心に欲のない時は、道理ある正しい道を進む

  •  -
  •  -

825: 心にわがままのない時は、相手への愛と敬いの心を失わない

心にわがままのない時は、相手への愛と敬い

  •  -
  •  -

823: 心に気にかかる物のない時は、心は広く体も安らかである

心に気にかかる物のない時は、心は広く体も

  •  -
  •  -

816: 生を必する者は死し 死を必っする者は生く

生を必する者は死し 死を必っする者は生く

  •  -
  •  -

821: 豊かな心がなければ、富は醜い物乞いでしかない。

豊かな心がなければ、富は醜い物乞いでしか

  •  -
  •  -

820: 偉大であるということは、誤解されるということだ。

偉大であるということは、誤解されるという

  •  -
  •  -

819: 悪い人々に対する非難や拒絶によって、自分を浪費することがないように。むしろ善き人々の美徳を称えよう。

悪い人々に対する非難や拒絶によって、自分

  •  -
  •  -

811: 人間は負けたら終わりなのではない。辞めたら終わりなのだ

人間は負けたら終わりなのではない。辞めた

  •  -
  •  -

818: 何をやろうとしても、あなたは間違っていると批判する者がいる。その批判が正しいと思わせる多くの困難がたちはだかる。計画を描き、最後まで実行するには、勇気がいる。

何をやろうとしても、あなたは間違っている

  •  -
  •  -

817: 人の賢さは、その人が何を望むかで計ることができる。

人の賢さは、その人が何を望むかで計ること

  •  -
  •  -

815: 一理に達すれば万法に通ず

一理に達すれば万法に通ず宮本武蔵の名言Wi

  •  -
  •  -

810: 一生涯ひとりの異性を愛することは、 一本の蝋燭が生涯燃えることと同じであ

一生涯ひとりの異性を愛することは、 一本

  •  -
  •  -

814: 幸福は香水のごときものである。人に振りかけると、自分にも必ずかかる。

幸福は香水のごときものである。人に振りか

  •  -
  •  -

813: 陣中で死ぬこそ武士の本望

陣中で死ぬこそ武士の本望竹中 半兵衛の名

  •  -
  •  -

812: 大将の要害は徳にあり。徳あるところ、天下これに帰す

大将の要害は徳にあり。徳あるところ、天下

  •  -
  •  -

809: 愛は惜しみなく与う

愛は惜しみなく与うトルストイの名言Wikipe

  •  -
  •  -

808: 欲望は満たされないことが自然であり、多くの者はそれを満たすためのみで生きる。

欲望は満たされないことが自然であり、多く

  •  -
  •  -

807: 手は、道具の中の道具である。

手は、道具の中の道具である。アリストテレ

  •  -
  •  -

806: 最大の犯罪は、欲望によらず飽満によりて引き起こされる。

アリストテレスの名言Wikipediaからアリス

  •  -
  •  -

805: 理性は、神が魂に点火した光なり。

理性は、神が魂に点火した光なり。アリスト

  •  -
  •  -

804: 野獣は、野獣を知る。同じ羽毛の鳥はおのずから一緒に集まる。

アリストテレスの名言Wikipediaからアリス

  •  -
  •  -

803: 垣根は相手がつくっているのではなく、自分がつくっている。

垣根は相手がつくっているのではなく、自分

  •  -
  •  -

802: 善良な私人が、善良な公人であるとは、限らない。

善良な私人が、善良な公人であるとは、限ら

  •  -
  •  -

801: 肉体的快楽は、刺激の強きものゆえ、他の快楽を楽しむ能力なき人々によりて追求さる。

肉体的快楽は、刺激の強きものゆえ、他の快

  •  -
  •  -

800: 悪は、人々を一致させる。

悪は、人々を一致させる。アリストテレスの

  •  -
  •  -

799: 法律ばかりがたくさんあるのは、悪政の兆候である。

法律ばかりがたくさんあるのは、悪政の兆候

  •  -
  •  -

798: 自己とは自分にとって最良の友人である。

自己とは自分にとって最良の友人である。ア

  •  -
  •  -

797: 何人にも恩恵を施す者は、他人より愛されるよりも、多く己を愛す。

何人にも恩恵を施す者は、他人より愛される

  •  -
  •  -

796: 人生はチャンスと変化に富んでいる。そして最も栄えているときに、人は大きな不幸に見舞われる。

人生はチャンスと変化に富んでいる。そして

  •  -
  •  -

795: 自分が友達に望んでいる通りに、友達には振る舞わねばならぬ。

自分が友達に望んでいる通りに、友達には振

  •  -
  •  -

794: 自己犠牲は、美徳の条件である。

自己犠牲は、美徳の条件である。アリストテ

  •  -
  •  -

793: あたかも金に繁殖能力あるかのごとく、金に金をうませるは最も不自然なり。

あたかも金に繁殖能力あるかのごとく、金に

  •  -
  •  -

792: 世間が必要としているものと、あなたの才能が交わっているところに天職がある。

世間が必要としているものと、あなたの才能

  •  -
  •  -

791: 生まれの良い人、権勢のある人、富裕な人は、名誉を受けるに値するとみなされている。だが本当は、善い人だけが名誉を受けるに値するのである。

生まれの良い人、権勢のある人、富裕な人は

  •  -
  •  -

790: 高潔な人は恩恵を施すことを好むが、恩恵を施されることを恥じる。

高潔な人は恩恵を施すことを好むが、恩恵を

  •  -
  •  -

789: 愛というものは、愛されることによりも、むしろ愛することに存する。

愛というものは、愛されることによりも、む

  •  -
  •  -

788: 我々の性格は、我々の行動の結果なり。

我々の性格は、我々の行動の結果なり。アリ

  •  -
  •  -

787: 教育の根は苦いが、その果実は甘い。

教育の根は苦いが、その果実は甘い。アリス

  •  -
  •  -

786: 恥は、若者にとって名誉であり、老人には屈辱である。

恥は、若者にとって名誉であり、老人には屈

  •  -
  •  -

785: 働く喜びが仕事を完璧なものにする。

働く喜びが仕事を完璧なものにする。アリス

  •  -
  •  -

784: 革命は、些細なことではない。しかし、些細なことから起こる。

革命は、些細なことではない。しかし、些細

  •  -
  •  -

783: 知覚することは、苦しむことだ。

知覚することは、苦しむことだ。アリストテ

  •  -
  •  -

782: 最大の美徳は、他人の役の立てることだ。

最大の美徳は、他人の役の立てることだ。ア

  •  -
  •  -

781: 一羽のツバメが来ても夏にはならないし、一日で夏になることもない。このように、一日もしくは短い時間で人は幸福にも幸運にもなりはしない。

一羽のツバメが来ても夏にはならないし、一

  •  -
  •  -

780: 威厳とは、名誉を得ているという事ではなく、名誉に値するという事から成る。

威厳とは、名誉を得ているという事ではなく

  •  -
  •  -

779: 幸福は人生の意味および目標、人間存在の究極の目的であり狙いである。

幸福は人生の意味および目標、人間存在の究

  •  -
  •  -

778: 勇気は人間の第一の資質である。なぜなら、他の資質の土台となる資質であるから。

勇気は人間の第一の資質である。なぜなら、

  •  -
  •  -

777: 人は物事を繰り返す存在である。従って、優秀さとは行動によって得られる物ではない。習慣になっていなければならないのだ。

人は物事を繰り返す存在である。従って、優

  •  -
  •  -

776: 人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。

人間は、目標を追い求める動物である。目標

  •  -
  •  -

775: 我々が知覚していることや考えていることを意識することは、我々自身の存在を意識することだ。

我々が知覚していることや考えていることを

  •  -
  •  -

774: 知る者は行い、理解する者は教える。

知る者は行い、理解する者は教える。アリス

  •  -
  •  -

773: 自然には何の無駄もない。

自然には何の無駄もない。アリストテレスの

  •  -
  •  -

772: 時間は、物事を砕く。すべては時間の力のもとに成長し、時間の経過とともに忘れ去られる。

時間は、物事を砕く。すべては時間の力のも

  •  -
  •  -

771: 多数の友を持つ者は、一人の友も持たない。

多数の友を持つ者は、一人の友も持たない。

  •  -
  •  -

770: 不幸は、本当の友人でない者を明らかにする。

不幸は、本当の友人でない者を明らかにする

  •  -
  •  -

769: 希望とは、目覚めていて抱く夢をいう。

希望とは、目覚めていて抱く夢をいう。アリ

  •  -
  •  -

768: 友人がいなければ、誰も生きることを選ばないだろう。たとえ、他のあらゆるものが手に入っても。

友人がいなければ、誰も生きることを選ばな

  •  -
  •  -

767: 何かを学ぶとき、実際にそれを行なうことによって我々は学ぶ。

何かを学ぶとき、実際にそれを行なうことに

  •  -
  •  -

766: 優秀さは訓練と習慣の賜物である。私たちは美徳と優秀さを持っているから正しく行動するのではない。むしろ正しく行動するから美徳と優秀さを持つ事ができるのである。

優秀さは訓練と習慣の賜物である。私たちは

  •  -
  •  -

765: 受け入れずして思想をたしなむことができれば、それが教育された精神の証である。

受け入れずして思想をたしなむことができれ

  •  -
  •  -

764: 私は、敵を倒した者より、自分の欲望を克服した者の方を、より勇者と見る。自らに勝つことこそ、最も難しい勝利だからだ。

私は、敵を倒した者より、自分の欲望を克服

  •  -
  •  -

763: 唯一の安定状態は、法律の前に全ての人間は平等ということ。

唯一の安定状態は、法律の前に全ての人間は

  •  -
  •  -

762: 若者は簡単に騙される。何故なら、すぐに信じるからだ。

若者は簡単に騙される。何故なら、すぐに信

  •  -
  •  -

761: 愛とは、二つの肉体に宿る一つの魂で形作られる。

愛とは、二つの肉体に宿る一つの魂で形作ら

  •  -
  •  -

760: 芸術が目指すのは、ものの外見ではなく、内にある本質である。

芸術が目指すのは、ものの外見ではなく、内

  •  -
  •  -

759: 引っ込み思案は、若者には美点になるが、年配には欠点でしかない。

引っ込み思案は、若者には美点になるが、年

  •  -
  •  -

758: すべての者は生まれながらに知恵を求める。

すべての者は生まれながらに知恵を求める。

  •  -
  •  -

757: 誰でも怒ることはできる、それは簡単なことだ。しかし、正しい人に、正しい程度に、正しい時に、正しい目的、正しい方法で怒ること、それは簡単ではない。

誰でも怒ることはできる、それは簡単なこと

  •  -
  •  -

756: 始めうまくいったものは半分できたも同然。

始めうまくいったものは半分できたも同然。

  •  -
  •  -

755: 母親は、夫よりも自分の子供の方を好む、何故ならば、彼らは自分のものであることがより確かであるから。

母親は、夫よりも自分の子供の方を好む、何

  •  -
  •  -

754: 友情とは、二つの肉体に宿る一つの魂のことである。

友情とは、二つの肉体に宿る一つの魂のこと

  •  -
  •  -

753: 人に従うことを知らないものは、よき指導者になりえない。

人に従うことを知らないものは、よき指導者

  •  -
  •  -

752: 幸せかどうかは、自分次第である。

幸せかどうかは、自分次第である。アリスト

  •  -
  •  -

751: およそ主人たるもの、1年使ひ見て、役に立たぬときは暇を遣はし、家来としては、三年勤めて悪ししと知らば、暇をとること、法なり。

およそ主人たるもの、1年使ひ見て、役に立

  •  -
  •  -

750: 人の意見を聞いてから出る知恵は、本当の知恵ではない。

人の意見を聞いてから出る知恵は、本当の知

  •  -
  •  -

749: 人と物争うべからず 人に心を許すべからず

人と物争うべからず 人に心を許すべからず

  •  -
  •  -

748: 負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ。 逆になろうと、人には勝つと言い聞かすべし。

負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ。

  •  -
  •  -

747: それは上々、一段の吉日にござる。信長公のために討ち死にするは覚悟のうえ、二度と生きて帰ろうとは思わぬ

それは上々、一段の吉日にござる。信長公の

  •  -
  •  -

746: 女狂いに好き候事、秀吉真似これあるまじき事

女狂いに好き候事、秀吉真似これあるまじき

  •  -
  •  -

745: どこへ逃げたって、日本全国は俺の庭だ。気にするな。

どこへ逃げたって、日本全国は俺の庭だ。気

  •  -
  •  -

744: 家康は愚か者だ。が、油断のならない愚か者だ。

家康は愚か者だ。が、油断のならない愚か者

  •  -
  •  -

743: 人はただ さし出づるこそ よかりけれ 戦のときも 先駆けをして

人はただ さし出づるこそ よかりけれ 戦

  •  -
  •  -

742: 我が身の目付けを頼み、異見を承わり、我が身の善悪を聞き、万事に心を付ける。 これこそが将たる者、第一の要務である。

我が身の目付けを頼み、異見を承わり、我が

  •  -
  •  -

741: 信長公は勇将なり 良将にあらず

信長公は勇将なり 良将にあらず豊臣 秀吉の

  •  -
  •  -

740: いくら謙信や信玄が名将でも、俺には敵わない。 彼らは早く死んでよかったのだ。 生きていれば、必ず俺の部下になっていただろう

いくら謙信や信玄が名将でも、俺には敵わな

  •  -
  •  -

739: 猿・日吉丸・藤吉郎・秀吉・大閤、これも又皆がいやがるところでの我慢があったればこそ

猿・日吉丸・藤吉郎・秀吉・大閤、これも又

  •  -
  •  -

738: 降参した者を殺してはいけません

降参した者を殺してはいけません豊臣 秀吉

  •  -
  •  -

737: 戦わずして勝ちを得るのは、良将の成すところである

戦わずして勝ちを得るのは、良将の成すとこ

  •  -
  •  -

736: 主従や友達の間が不和になるのは、わがままが原因だ

主従や友達の間が不和になるのは、わがまま

  •  -
  •  -

735: 側に置いておそろしい奴は、遠くに飛ばす

側に置いておそろしい奴は、遠くに飛ばす豊

  •  -
  •  -

734: 何事もつくづくと思い出すべきではない

何事もつくづくと思い出すべきではない豊臣

  •  -
  •  -

733: 金を貯め込むのは、良き士を牢に押し込むに等しい。

金を貯め込むのは、良き士を牢に押し込むに

  •  -
  •  -

732: この黄金の輝きも 茶の一服に勝るものかな

この黄金の輝きも 茶の一服に勝るものかな

  •  -
  •  -

731: 主人は無理を言うなる者と知れ

主人は無理を言うなる者と知れ豊臣 秀吉の

  •  -
  •  -

730: 恃むところにある者は、恃むもののために滅びる

恃むところにある者は、恃むもののために滅

  •  -
  •  -

729: 人、城を頼らば、城、人を捨てん

人、城を頼らば、城、人を捨てん織田 信長

  •  -
  •  -

728: 人を用ふるの者は、能否を択ぶべし、何ぞ新故を論ぜん

人を用ふるの者は、能否を択ぶべし、何ぞ新

  •  -
  •  -

727: だいたい人は、心と気を働かす事をもって良しとするなり

だいたい人は、心と気を働かす事をもって良

  •  -
  •  -

726: 理想を持ち、信念に生きよ。理想や信念を見失った者は、戦う前から負けていると言えよう。そのような者は廃人と同じだ

理想を持ち、信念に生きよ。理想や信念を見

  •  -
  •  -

725: 攻撃を一点に集約せよ、無駄な事はするな。

攻撃を一点に集約せよ、無駄な事はするな。

  •  -
  •  -

724: 死のうは一定 忍び草忍び草には何をしよぞ一定 語り起こすよの

死のうは一定 忍び草忍び草には何をしよぞ

  •  -
  •  -

723: いつの時代も変わり者が世の中を変える。 異端者を受け入れる器量が武将には必要である。

織田 信長の名言Wikipediaから織田 信長(

  •  -
  •  -

722: 組織に貢献してくれるのは「優秀な者」よりも「能力は並の上だが、忠実な者」の方だ

組織に貢献してくれるのは「優秀な者」より

  •  -
  •  -

721: たしなみの武辺は、生まれながらの武辺に勝れり

たしなみの武辺は、生まれながらの武辺に勝

  •  -
  •  -

720: 愚かな間違いを犯したら、たとえ生きて帰ってきてもワシの目の前に姿を見せるな

織田 信長の名言Wikipediaから織田 信長(

  •  -
  •  -

719: 組織に貢献してくれるのは「優秀な者」よりも「能力は並の上だが、忠実な者」の方だ

組織に貢献してくれるのは「優秀な者」より

  •  -
  •  -

718: 愚かな間違いを犯したら、たとえ生きて帰ってきてもワシの目の前に姿を見せるな

愚かな間違いを犯したら、たとえ生きて帰っ

  •  -
  •  -

717: 絶対は絶対にない

絶対は絶対にない織田 信長の名言Wikipedia

  •  -
  •  -

716: およそ勝負は時の運によるもので、計画して勝てるものではない。功名は武士の本意とはいっても、そのあり方によるものだ

およそ勝負は時の運によるもので、計画して

  •  -
  •  -

715: 俺が見事な弓矢をとることができたのは、皆、平出政秀が諌死したからだ。

俺が見事な弓矢をとることができたのは、皆

  •  -
  •  -

714: 是非に及ばず

是非に及ばず織田 信長の名言Wikipediaから

  •  -
  •  -

713: 戦に勝るかどうかと兵力は必ずしも比例しない。比例するかそうでないかは戦術、つまり自身にかかっているのだ

戦に勝るかどうかと兵力は必ずしも比例しな

  •  -
  •  -

712: 男子たるもの、一歩門を出たら常に磔にかかっていると思え

男子たるもの、一歩門を出たら常に磔にかか

  •  -
  •  -

711: 喪にある時、これを攻撃しないと、兵書の司馬法にもあり、楚が陳を討とうとした時、陳の成公が死んだ。 その子の哀公は幼かったので、楚王は兵をまとめ引き揚げた。 仁義を知る者はかくなければならぬ。

喪にある時、これを攻撃しないと、兵書の司

  •  -
  •  -

710: 人たる者はいつも普段から門に磔柱があると心得よ。 なにごとによらず、その行跡や行いに怠りがあれば、 この磔柱にかけられると思って、油段してはならない。

人たる者はいつも普段から門に磔柱があると

  •  -
  •  -

709: 勝ち戦の謀だけでなく、負け戦の謀も必要

勝ち戦の謀だけでなく、負け戦の謀も必要小

  •  -
  •  -

708: 急用のことは静かに書すべし

急用のことは静かに書すべし小早川 隆景の

  •  -
  •  -

707: 若い時は、自分にとって、嫌いなこと、難しいことに取り組むべきである。

若い時は、自分にとって、嫌いなこと、難し

  •  -
  •  -

706: 何事も欲からず生きること、欲をすてて義を守れば兄弟親族に不和などない。

何事も欲からず生きること、欲をすてて義を

  •  -
  •  -

705: 意見をしてみるに、 直ちに請合ふ者に、その意見を保つ者なし 意見をする人の詞をよく聞きてわが心に考へ、 合点ならぬと思ふところをば、 一ト問答も二夕問答もし、 理に詰りてのち、尤もと請る者は、 後までその意見を用いる者なり。

意見をしてみるに、 直ちに請合ふ者に、そ

  •  -
  •  -

704: 分別の肝要は仁愛にあり、断ずるには仁愛を基とせざるべからず。 仁愛を欠ける決断はことごとく曲事なり。

分別の肝要は仁愛にあり、断ずるには仁愛を

  •  -
  •  -

703: 長く思案し、遅く決断すること。 思案を重ねた決断であるなら、後戻りする必要はない。

長く思案し、遅く決断すること。 思案を重

  •  -
  •  -

702: 自分の心に合うことは、皆、体の毒になると思え。 自分の心に逆らうことは、皆、薬になると思え。

自分の心に合うことは、皆、体の毒になると

  •  -
  •  -

701: 一生は夢の間なれば

一生は夢の間なれば小早川 隆景の名言Wikip

  •  -
  •  -

700: いったん和睦しようと起請文をもって約盟したのに、血墨のいまだ乾かぬうちに、敵の災いに乗じて約束を破る事は、大将たる者の恥であって、すべきことではない

いったん和睦しようと起請文をもって約盟し

  •  -
  •  -

699: 侍は、如何に才智あるとても、人好きせざらんは、物ごと無骨に世事に疎し

侍は、如何に才智あるとても、人好きせざら

  •  -
  •  -

698: 平氏を亡す者は平氏なり。鎌倉を亡ぼしたのは鎌倉幕府だ。

平氏を亡す者は平氏なり。鎌倉を亡ぼしたの

  •  -
  •  -

697: 決断は、実のところそんなに難しいことではない。 難しいのはその前の熟慮である。

決断は、実のところそんなに難しいことでは

  •  -
  •  -

696: 人生に大切なことは、五文字で言えば、「上を見るな」。 七文字で言えば「身のほどを知れ」

人生に大切なことは、五文字で言えば、「上

  •  -
  •  -

695: 人の一生は重き荷を負うて 遠き道を行くが如し 急ぐべからず

人の一生は重き荷を負うて 遠き道を行くが

  •  -
  •  -

694: 私はケチだから麦飯を食べているわけではない。いま天下は乱れに乱れ、領民も安らかな日は一日もない。そんななか私一人が暖衣飽食などできるものか。私が麦飯を食っているのも、少しでも節約して軍資金に回すためなのだ

私はケチだから麦飯を食べているわけではな

  •  -
  •  -

693: 明日はきっと一戦あるなというようなときは、首をよく洗っておけ。武士たるもの、生きているときは鬼神のように戦い、死しては誉を永遠に残せるよう心掛けよ

明日はきっと一戦あるなというようなときは

  •  -
  •  -

692: 真面目で、主君思いで、協調性もあり、勤勉な上に仕事もできる。 そんな心と能力を持った人間はトップクラスの良臣だ。 しかし、心ばえはそこまで良くなくても、何か優れた能力を持った者ならば採用すべきだ

真面目で、主君思いで、協調性もあり、勤勉

  •  -
  •  -

691: 放っておけ。それより書いてある内容が見たい。わしのためになるものもあるだろう

放っておけ。それより書いてある内容が見た

  •  -
  •  -

690: 人質は長くとっておくと、親子であっても親しみが薄れて効果がなくなる。 恩愛に溺れて人質を捨てかねるものである。

人質は長くとっておくと、親子であっても親

  •  -
  •  -

689: はじめから主君に楯突こうと思っている者はいない。 思い上がりと、恨みと、それから生じる欲心が謀反を起こさせるのだ。 恨みのある心には悪事が寄り集まり、やがて主君の恩に背き不義を働き、父祖が積み上げた業績も棒に振って領地まで失ってしまう。

はじめから主君に楯突こうと思っている者は

  •  -
  •  -

688: 身分が低くお金もあまりない武士が具足(甲冑一式)をあつらえるときは、胴や籠手のほかは粗末なものでいい。だが、兜には念を入れ、良い物を付ける心得が必要だ。なぜなら討死にを遂げたとき、兜は首と一緒に敵の手に渡るからだ

身分が低くお金もあまりない武士が具足(甲

  •  -
  •  -

687: 一手の大将たる者が、味方の諸人の「ぼんのくぼ(首の後ろのくぼみ)」を見て、敵などに勝てるものではない。

一手の大将たる者が、味方の諸人の「ぼんの

  •  -
  •  -

686: 最初に軽い者を遣わして埒があかないからといって、また重い者を遣わせば、初めに行った者は面目を失い、討ち死にをするほかはない。

最初に軽い者を遣わして埒があかないからと

  •  -
  •  -

685: 諸人の頭などをするいまどきの者で、軍略を立てて床几に腰をかけ、采配を持つ手さえ汚さずに、口先だけで戦に勝てるものと心得ているのは、とんだ考え違いだ

諸人の頭などをするいまどきの者で、軍略を

  •  -
  •  -

684: 多くを与えねば働かぬ家臣は役に立たぬ。 また、人間は豊かになりすぎると、結束が弱まり、我説を押し通す者が増えてくる。

多くを与えねば働かぬ家臣は役に立たぬ。

  •  -
  •  -

683: 決断は、実のところそんなに難しいことではない。 難しいのはその前の熟慮である。

決断は、実のところそんなに難しいことでは

  •  -
  •  -

682: 戦場の働きは武士として当然のことだ。 戦場の働きばかりで知行(報酬)を多く与え、人の長(おさ)としてはならない

戦場の働きは武士として当然のことだ。 戦

  •  -
  •  -

681: 道具を使っても、相手が死ねば死だ。 鉄砲で撃っても、小太刀で斬っても、敵を討ったことには変わりはない。

道具を使っても、相手が死ねば死だ。 鉄砲

  •  -
  •  -

680: 武士は馬を我が足と思い、弓鎗を左右の手と定め、敵を撃つ刃は己の心と考え、常に武道をたしなむ事が、本意の核心である。

武士は馬を我が足と思い、弓鎗を左右の手と

  •  -
  •  -

679: 臆病者と剛の者との二つは、生まれつきとはいえども、まずはその身の心掛けによるのだ。

臆病者と剛の者との二つは、生まれつきとは

  •  -
  •  -

678: 我が命のある間、国家を裏切る者を平らげ、諸国を一つに帰して、貧困に陥った人々を安住ならしめる他に希望はない。 もし謙信の運が弱く、この志が空しいものならば、速やかに病死を賜るべし。

我が命のある間、国家を裏切る者を平らげ、

  •  -
  •  -

676: おのおのの申すことはもっともだが、延引することも時と場合による。今は火急の時だ。 わからぬ将来のことを心配しているより、まず目前のことをする。

おのおのの申すことはもっともだが、延引す

  •  -
  •  -

677: 人の上に立つ者の一言は、深き思慮を伴っていなければならない。 軽率な発言などもってのほかである

人の上に立つ者の一言は、深き思慮を伴って

  •  -
  •  -

675: 信玄の兵法に、のちの戦いを大切にするのは、国を多くとりたいという気持ちからである。自分は国を取る考えはなく、のちの勝ちも考えない。さしあたっての一戦に勝つことを心掛けている。

信玄の兵法に、のちの戦いを大切にするのは

  •  -
  •  -

674: 大事なのは義理の二字である。 死ぬべきに当たってその死をかえりみず、生きる道においてその命を全うし、 主人に先立つ、 これこそ武士の本意である

大事なのは義理の二字である。 死ぬべきに

  •  -
  •  -

673: 四十九年一睡の夢 一期の栄華一盃の酒

四十九年一睡の夢 一期の栄華一盃の酒上杉

  •  -
  •  -

672: 武士の子は、十四,五才の頃までは、わがままであっても勇気を育て,臆する気持ちを持たせぬようにせよ。勇気のある父を持つ子は臆する心を持たぬ。父は常々、この道を説き論することが大事である。少年時代の養育である。

武士の子は、十四,五才の頃までは、わがま

  •  -
  •  -

671: 上杉謙信公家訓十六ケ条

上杉謙信公家訓十六ケ条一、心に物ものなき

  •  -
  •  -

670: 表と裏、両面のこころがけ、どれもおろそかにしてはならじ

表と裏、両面のこころがけ、どれもおろそか

  •  -
  •  -

668: 表の並木には桜を、裏の並木には栗を

表の並木には桜を、裏の並木には栗を加藤

  •  -
  •  -

669: 上一人の気持ちは、下万人に通ずる。

上一人の気持ちは、下万人に通ずる。加藤

  •  -
  •  -

667: 晴れると見れば、にわかに雲が出てきて、大雨になることもあります。測りがたきは人の心でございます。

晴れると見れば、にわかに雲が出てきて、大

  •  -
  •  -

666: 汝らは等しく予が股肱(ここう)、腹心なり。使うところはその器に従うのみである。

汝らは等しく予が股肱(ここう)、腹心なり

  •  -
  •  -

665: 屍を戦場にさらすとも褥の上にて死なんとは思い設けず

屍を戦場にさらすとも褥の上にて死なんとは

  •  -
  •  -

664: わしになかったのは武運と二心を抱く者を見抜く目だ。 それさえあれば、今この場にお主を曝していただろう。 お主の所業、あの世で太閤殿下にしかとお伝えする

わしになかったのは武運と二心を抱く者を見

  •  -
  •  -

663: 井戸を掘り抜けばあの銭はお前達のものだ

井戸を掘り抜けばあの銭はお前達のものだ石

  •  -
  •  -

662: われは汝が二心のあるのを知らなかったことは愚かだった。だが約束を違え、義を捨てて、人を欺いて、裏切ったのは、武将の恥辱、末の世までも語り伝えて笑うべし

われは汝が二心のあるのを知らなかったこと

  •  -
  •  -

661: 戦死を好むのは匹夫である。将たる者は、命の危険を逃れて、何度も戦いを重ねることこそ本意とするものだ。

戦死を好むのは匹夫である。将たる者は、命

  •  -
  •  -

644: 世界の海援隊でもやりますかな

世界の海援隊でもやりますかな坂本 龍馬の

  •  -
  •  -

660: 筑摩江や 芦間に灯す かがり火と ともに消えゆく 我が身なりけり

筑摩江や 芦間に灯す かがり火と ともに消

  •  -
  •  -

659: 大義を思ふ者は、たとえ首を刎(はね)らるる期迄も命を大切にして、何卒本意を達せんと思ふ

大義を思ふ者は、たとえ首を刎(はね)らる

  •  -
  •  -

658: 武門とは信義の番兵であり、人の生涯は心に富を蓄えるためにある

武門とは信義の番兵であり、人の生涯は心に

  •  -
  •  -

656: 戦場に出でては、我が思うようにして、人の言うことを聞き入れぬが良し。

戦場に出でては、我が思うようにして、人の

  •  -
  •  -

657: 人間は不遇になった時、はじめて友情のなんたるかを知るものだ。

人間は不遇になった時、はじめて友情のなん

  •  -
  •  -

655: 国家は、先祖より子孫へ伝え候国家にして、我私すべきものにはこれなく候 人民は国家に属したる人民にして、我私すべきものにはこれなく候 国家人民の為に立たる君にて、君の為に立たる国家人民にはこれなく候 --『伝国の辞』

国家は、先祖より子孫へ伝え候国家にして、

  •  -
  •  -

654: なせば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり

なせば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは

  •  -
  •  -

643: 何でも思い切って やってみることですよ。 どっちに転んだって人間、野辺の石ころ同様、骨となって一生を終えるのだから

何でも思い切って やってみることですよ。

  •  -
  •  -

653: 小事は大事、大事は小事

小事は大事、大事は小事藤堂高虎の名言Wiki

  •  -
  •  -

652: 鍛錬した武辺の方が、生まれながらの武辺より勝っている

鍛錬した武辺の方が、生まれながらの武辺よ

  •  -
  •  -

651: 新人はまず受付に出せ

新人はまず受付に出せ堀 秀政の名言Wikiped

  •  -
  •  -

642: 金よりも大事なものに評判というものがある。世間で大仕事をなすのにこれほど大事なものはない

金よりも大事なものに評判というものがある

  •  -
  •  -

650: 夢なき者に理想なし、 理想なき者に計画なし、 計画なき者に実行なし、 実行なき者に成功なし。 故に、夢なき者に成功なし

夢なき者に理想なし、 理想なき者に計画な

  •  -
  •  -

649: 皇国の興廃この一戦に在り、各員一層奮励努力せよ

皇国の興廃この一戦に在り、各員一層奮励努

  •  -
  •  -

648: おまえは自分の功を立て、 かれは忠を尽くした

おまえは自分の功を立て、 かれは忠を尽く

  •  -
  •  -

647: 男子たるものは、一歩門を出たら、常に磔にかかっていると思え

男子たるものは、一歩門を出たら、常に磔に

  •  -
  •  -

646: まともではない人間の相手をまともにすることはない

まともではない人間の相手をまともにするこ

  •  -
  •  -

645: よその若者を褒めることは、うちの若者をけなすことだ

よその若者を褒めることは、うちの若者をけ

  •  -
  •  -

641: 日本を今一度せんたくいたし申候

日本を今一度せんたくいたし申候坂本 龍馬

  •  -
  •  -

640: 殴られたら殴り返すスタンスではなく一方的に殴り続けたい。奇麗な顔で終わりたい

殴られたら殴り返すスタンスではなく一方的

  •  -
  •  -

639: ただ神の手が触れた

ただ神の手が触れたディエゴ・マラドーナの

  •  -
  •  -

638: 遺言は、病気の重い時にしてはならない

遺言は、病気の重い時にしてはならない豊臣

  •  -
  •  -

637: 臆病者の目には、敵は常に大軍に見える。

臆病者の目には、敵は常に大軍に見える。織

  •  -
  •  -

636: 我には常に異見をすべし

我には常に異見をすべし黒田 孝高(くろだ

  •  -
  •  -

635: 器用というのは他人の思惑の逆をする者だ。

器用というのは他人の思惑の逆をする者だ。

  •  -
  •  -

634: 不驕者又不久

不驕者又不久太田道灌の名言Wikipediaから

  •  -
  •  -

633: 必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ。

必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ。織

  •  -
  •  -

632: 部下を夏の火鉢やひでりの雨傘にするな

部下を夏の火鉢やひでりの雨傘にするな黒田

  •  -
  •  -

631: 臆病者にも使い道がある

臆病者にも使い道がある武田信玄の名言Wiki

  •  -
  •  -

630: 戦いに敗れたり家が亡びるのは天命ではないやり方が悪いからだ

戦いに敗れたり家が亡びるのは天命ではない

  •  -
  •  -

629: 生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。しかし、生まれつきの才能がない者は、何とか技術を身につけようと日々努力する。心構えがまるで違う。これが大事だ。

生まれながらに才能のある者は、それを頼ん

  •  -
  •  -

628: 問題は人を得ることです

問題は人を得ることです明智 光秀の名言Wik

  •  -
  •  -

622: 金のみで人は動くにあらず

金のみで人は動くにあらず大谷 吉継の名言W

  •  -
  •  -

627: 知恵の90%は、時間について賢くなることである.

知恵の90%は、時間について賢くなることで

  •  -
  •  -

626: 戦場では潔い死を心掛けるのが義の頂上である。

戦場では潔い死を心掛けるのが義の頂上であ

  •  -
  •  -

625: したいことをするな。嫌なことをしろ

したいことをするな。嫌なことをしろ武田信

  •  -
  •  -

624: 決断は、実のところそんなに難しいことではない。難しいのはその前の熟慮である

決断は、実のところそんなに難しいことでは

  •  -
  •  -

623: 水はよく舟を浮かべ、またよく覆す

水はよく舟を浮かべ、またよく覆す徳川家康

  •  -
  •  -

621: 宿老(しゅくろう)を定むべからず

宿老(しゅくろう)を定むべからず朝倉 孝

  •  -
  •  -

620: 何事にも注意深くあれ

何事にも注意深くあれ徳川家康の名言Wikipe

  •  -
  •  -

619: 出陣するときは常に初陣と心得るべし

出陣するときは常に初陣と心得るべし山県

  •  -
  •  -

616: 残すは盗なり。使い過ごして借銭するは愚人なり。

残すは盗なり。使い過ごして借銭するは愚人

  •  -
  •  -

618: 勝った時には褒美を、負けたときには優しい言葉を

勝った時には褒美を、負けたときには優しい

  •  -
  •  -

617: 学べ、そして忘れろ

学べ、そして忘れろマイルス・デイヴィスの

  •  -
  •  -

615: 気質とは何をしても変化せぬもの。米はいつまでも米、豆はいつまでも豆

気質とは何をしても変化せぬもの。米はいつ

  •  -
  •  -

614: 人生から友情を除くのは、世界から太陽を除くのに等しい

人生から友情を除くのは、世界から太陽を除

  •  -
  •  -

613: 受けつぎて 国の司の身となれば 忘るまじきは民の父母

受けつぎて 国の司(つかさ)の身となれば

  •  -
  •  -

612: つねに良き友と咄(はな)し、異見を請け申すべく候。 善悪は友によると、聞こえ候事

つねに良き友と咄(はな)し、異見を請け申

  •  -
  •  -

611: 我慢するより、その原因を解決せよ

我慢するより、その原因を解決せよ小早川

  •  -
  •  -

610: 夏の暑い盛りに明治天皇が崩御になりました。その時私は明治の精神が天皇に始まって天皇に終わったような気がしました

夏の暑い盛りに明治天皇が崩御になりました

  •  -
  •  -

609: 人は一代 名は末代 天晴武士の心かな

人は一代 名は末代 天晴武士の心かな加藤

  •  -
  •  -

608: 幸福は満足する人間に属す

幸福は満足する人間に属すアリストテレスの

  •  -
  •  -

607: 一芸に熟達せよ 多芸を欲張るものは巧みならず

一芸に熟達せよ 多芸を欲張るものは巧みな

  •  -
  •  -

601: 関東勢百万も候へ、男は1人もいなく候

関東勢百万も候へ、男は1人もいなく候真田

  •  -
  •  -

606: あら楽や 思ひは晴るる 身は捨つる 浮世の月に かかる雲なし

あら楽や 思ひは晴るる 身は捨つる 浮世

  •  -
  •  -

605: 精神的に向上心のないものは、馬鹿だ

精神的に向上心のないものは、馬鹿だ夏目漱

  •  -
  •  -

604: たとえば、我々の心の中に、ラジオ受信機があるとイメージできるだろうか。 それが、美、希望、元気、勇気、力といったメッセージを人びとや神から受信している限り、 若さを失うことはない。アンテナを下ろすと、そうしたメッセージを受信できなくなり、 皮肉っぽい悲観的な気持ちで心が覆われてしまうと、たとえ20歳であろうと、人は老いていく。 だが、アンテナを上げて、楽観的な気持ちを維持することができれば、 若さを失うことはなく、80歳で天寿を全うすることもできるのではないだろうか

たとえば、我々の心の中に、ラジオ受信機が

  •  -
  •  -

603: 幸福の青い鳥は身近にいた。いつもここにいた

幸福の青い鳥は身近にいた。いつもここにい

  •  -
  •  -

602: 他人に小言を言われた時、腹を立ててはならぬ 腹の立った時に人に小言を言ってはならぬ

他人に小言を言われた時、腹を立ててはなら

  •  -
  •  -

600: この矢一本なれば、最も折りやすし。しかれども一つに束ぬれば、折り難し。汝ら、これに鑑みて、一和同心すべし。必ずそむくなかれ。

この矢一本なれば、最も折りやすし。しかれ

  •  -
  •  -

598: 天地は一物であるから、日も月も一つである。 だから道理は二つではなく、真理はどこの国でも同じはずである。 只、その理をきわめないことと、尽くさないからである。

天地は一物であるから、日も月も一つである

  •  -
  •  -

597: 私はしきりに人間らしいと言う言葉を使いました。 Kはこの人間らしいと言う言葉のうちに、私が自分の弱点のすべてを隠していると云うのです

私はしきりに人間らしいと言う言葉を使いま

  •  -
  •  -

596: 常に感動を求める心や未知への純真な好奇心、そして人生というゲームを演じる喜びは、60歳であろうと、 16歳であろうと、誰にも備わっている人間の性なのである

常に感動を求める心や未知への純真な好奇心

  •  -
  •  -

595: 真の文明は 山を荒らさず 川を荒らさず 村を破らず 人を殺さざるべし

真の文明は 山を荒らさず 川を荒らさず 村

  •  -
  •  -

599: 食事をする人の多くは、食事ができるという幸福を知らずにいる

食事をする人の多くは、食事ができるという

  •  -
  •  -

584: 鹿も四つ足、馬も四つ足

鹿も四つ足、馬も四つ足源 義経の名言Wikip

  •  -
  •  -

594: およそ荒地は十年も百年も変わりはない。故にこの国を開いた方法によるならば、此位の荒地を開くのに何の困難があろうか。 住民を励まして遊惰から奮い立たせ、自覚を高めて奢侈を禁ずれば、国を立派にし、住民の生活を安定させることは、 そう困難ではない

およそ荒地は十年も百年も変わりはない。故

  •  -
  •  -

593: 「しかし・・・・しかし君、恋は罪悪ですよ。解っていますか」(中略) 「そうして神聖なものですよ」

「しかし・・・・しかし君、恋は罪悪ですよ

  •  -
  •  -

592: 人は、単に年を重ねただけで老いることはない。理想を捨てたとき、人は始めて老いていく。 理想を捨てたとき、人は始めて老いて行く。 歳月は肌に皺を増やしていくかもしれない。 だが、熱意を失えば、気持ちまで皺くちゃになっていく。 不安、恐怖、自己不信・・・・そんな気持ちで頭は一杯になり、前向きな気持ちは消えていく

人は、単に年を重ねただけで老いることはな

  •  -
  •  -

591: 一生懸命に仕事をした後のゴルフは最高に楽しい

一生懸命に仕事をした後のゴルフは最高に楽

  •  -
  •  -

590: 小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただひとつの道

小さいことを重ねることが、とんでもないと

  •  -
  •  -

583: およそ下の者は上の者を学ぶ。 大将がくつろげば、下は大いに怠けるものなので、いつも陣法を厳しくすることだ。 上に立つ一人の心が下万民に通ずるとは、このことである。

およそ下の者は上の者を学ぶ。大将がくつろ

  •  -
  •  -

589: 打つ心あれば打たるる世の中よ 打たぬ心に打たるるはなし

打つ心あれば打たるる世の中よ 打たぬ心に

  •  -
  •  -

588: 嫁に行けば、女は夫のために邪になるのだ

嫁に行けば、女は夫のために邪になるのだ夏

  •  -
  •  -

587: 青春とは、臆病な自分に打ち勝ち、易きに流れずに、選難の精神で進んでいく姿勢をいう。 これは、20歳の少年よりも、60歳の大人に備わった力であることが多いのではないか

青春とは、臆病な自分に打ち勝ち、易きに流

  •  -
  •  -

586: 今の私があるのは、映画の制作に携わってくれた人たちと映画館に足を運んでくれた人たちのおかげです。

今の私があるのは、映画の制作に携わってく

  •  -
  •  -

585: 希望は、人を成功に導く信仰である。 希望がなければ何事も成就するものではない

希望は、人を成功に導く信仰である。 希望

  •  -
  •  -

582: われは兵をもって雌雄を戦いで決せん。塩をもって敵を苦しめることはせぬ。

われは兵をもって雌雄を戦いで決せん。塩を

  •  -
  •  -

581: ある人が報徳を迂遠だ、私のことを迂翁だと言った。私は笑って答えた。わが国は万古に存して、わが道は万世変わらない。 万古に存する国にあって、万世変わらぬ道を行う以上、これを自己一代の短さに比べて迂遠だなどと言えるだろうか。 今日、わが報徳が行われないからといって少しも気にすることはない。なぜならこれは、天照大神以来行われて来た道であって、国を立派にし、住民が安心して生活するには、これ以外に方法がないからだ

ある人が報徳を迂遠だ、私のことを迂翁だと

  •  -
  •  -

580: 人間の不安は科学の発展から来る。 進んで止まるを知らない科学は、かつて我々に止まる事を許してくれたことがない。 徒歩から俥、俥から馬車、馬車から汽車、 汽車から自動車、それから航空船、それから飛行機と、 どこまで行っても休ませてくれない。 どこまでつれて行かれるか分からない。 実に恐ろしい。

人間の不安は科学の発展から来る。進んで止

  •  -
  •  -

579: 青春とは、人生におけるある期間を指すのではなく、心の様相をいう。それは頬や唇の赤い色から連想するものでもなければ、 引き締まった肉体が暗示するものでもない。強い意志、たくましい想像力、感動できる心、これらが重なり合ったものをいう。 青春とは、ふつふつと湧き出てくる生命の息吹、エネルギーを指すのである

青春とは、人生におけるある期間を指すので

  •  -
  •  -

578: エジプトはナイルの賜物。

エジプトはナイルの賜物。ヘロドトスの名言

  •  -
  •  -

577: 凡そ、例といふ文字をば、向後(きょうご)は、時をいふ文字にかへて、御心あるべし

凡そ、例といふ文字をば、向後(きょうご)

  •  -
  •  -

576: 人生は石材なり。これに神の姿を彫刻するも、悪魔の姿を彫刻するも、各人の自由なり

人生は石材なり。これに神の姿を彫刻するも

  •  -
  •  -

575: およそ世の中に、道を説いた書物は数え切れないほどあるが、くせ、偏りのない、完全なものは一つもない。 どうしてかといえば、釈迦も孔子もみんな人なのだし、経書といい経文といっても、みんな人の書いたものだからだ

およそ世の中に、道を説いた書物は数え切れ

  •  -
  •  -

574: 女の涙に金剛石(ダイア)はほとんどない、たいていは皆ギヤマン細工だ

女の涙に金剛石(ダイア)はほとんどない、

  •  -
  •  -

573: 我々は究極的には、思想と目標をどれだけ具現化し、新しい社会の創造に貢献したかという点について、判断されるだろう。 そして、いずれ自分自身でも、そのことについて自問自答するときが来るであろう

我々は究極的には、思想と目標をどれだけ具

  •  -
  •  -

572: あなたも私たちと同じように望まれてこの世に生まれてきた大切な人なのです。

あなたも私たちと同じように望まれてこの世

  •  -
  •  -

571: 第三者の評価を意識した生き方はしたくない。自分が納得した生き方をしたい

第三者の評価を意識した生き方はしたくない

  •  -
  •  -

518: 愛は決して”大船”ではない。絶えず危機を孕んだ”小船”でしかないのだ

愛は決して”大船”ではない。絶えず危機を孕

  •  -
  •  -

570: だから世界の百草は、種になれば生ずる兆しがあり、生ずれば育つ兆しがあり、 花が咲けば実を結ぶ兆しがあり、実を結べば落ちる兆しあり、落ちればまた生える兆しがある。 これを不止不転、循環の理と言うのだ

だから世界の百草は、種になれば生ずる兆し

  •  -
  •  -

569: 自分は女の容貌に満足する人を見ると羨ましい。 女の肉に満足する人を見ても羨ましい。 自分はどうあっても女の霊というか魂というか、いわゆるスピリットを攫まなければ満足ができない

自分は女の容貌に満足する人を見ると羨まし

  •  -
  •  -

568: 馬で行くことも、車で行くことも、二人で行くことも、三人で行くこともできる。 だが、最後の一歩は自分ひとりで歩かなければならない。

馬で行くことも、車で行くことも、二人で行

  •  -
  •  -

567: 仕事が楽しみならば人生は楽園だ。仕事が義務なら人生は地獄だ

仕事が楽しみならば人生は楽園だ。仕事が義

  •  -
  •  -

566: 調子が悪い時こそ、全力でプレーすることが大事

調子が悪い時こそ、全力でプレーすることが

  •  -
  •  -

517: 愛に柱すれば人生に意義あり、愛を離るれば人生は無意義なり

愛に柱すれば人生に意義あり、愛を離るれば

  •  -
  •  -

565: 父母の根元は天地の令命にあり 身体の根元は父母の生育にあり 子孫の相続は夫婦の丹精にあり

父母の根元は天地の令命にあり身体の根元は

  •  -
  •  -

564: 潰瘍の陰に死という怖いものが潜んでいるかのように

潰瘍の陰に死という怖いものが潜んでいるか

  •  -
  •  -

563: 自然に任せるのが一番。我々より彼女(=自然)のほうが彼女の仕事をよくわかっているのだから

自然に任せるのが一番。我々より彼女(=自

  •  -
  •  -

562: われわれの人生がすばらしくうまくいく時は、ともすればわれわれが軽蔑しがちな方面からのほうが多い

われわれの人生がすばらしくうまくいく時は

  •  -
  •  -

561: 苦しいことの先に、新しい何かが見つかると信じています

イチローの名言Wikipediaからイチロー(本

  •  -
  •  -

516: 愛することは愛されることよりも百倍も尊いし、愛の本質はあくまで、愛することにある

愛することは愛されることよりも百倍も尊い

  •  -
  •  -

560: 禍福は一つである。それがあるいは福(さいわい)となり、あるいは禍(わざわい)となる(中略) 禍福は要するに、理に従うか逆らうか、道を得るか失うかにかかっているのであって、決して二つ別々のものではない

禍福は一つである。それがあるいは福(さい

  •  -
  •  -

559: その学者は現代の日本の開化を解剖して、かかる開化の影響を受けるわれらは、上滑りにならなければ必ず神経衰弱に陥るにきまっているという理由を、臆面なく聴衆の前に曝露した。

その学者は現代の日本の開化を解剖して、か

  •  -
  •  -

558: 自分より賢きものを近づける術 知りたる者、ここに眠る

自分より賢きものを近づける術 知りたる者

  •  -
  •  -

557: 善きことはカタツムリの速度で動く

善きことはカタツムリの速度で動くガンディ

  •  -
  •  -

556: 気持ちも、尊敬している人になりきる。いつも誰かになりきっていました

気持ちも、尊敬している人になりきる。いつ

  •  -
  •  -

515: 世にしたがへば身くるし。したがはねば狂せるに似たり

世にしたがへば身くるし。したがはねば狂せ

  •  -
  •  -

555: 万物みな同様だ。だから無常といっても無常ではない。有常(うじょう)と言っても有常ではない(中略) これを仏教では不止不転の理といい、儒教では循環の理という。 万物は、すべてこの道理から外れることはない

万物みな同様だ。だから無常といっても無常

  •  -
  •  -

554: 恐れない女と恐れる男(中略) 恐れないのが詩人の特色で、 恐れるのが哲人の運命

恐れない女と恐れる男(中略)恐れないのが

  •  -
  •  -

553: 若さ・・・価値のわからないお子様たちに無駄遣いさせるにはあまりにも惜しい

若さ・・・価値のわからないお子様たちに無駄

  •  -
  •  -

552: 奉仕を主とする事業は栄え、利得を主とする事業は衰える。

奉仕を主とする事業は栄え、利得を主とする

  •  -
  •  -

551: 人生は学校である。そこでは、幸福よりも不幸のほうがよい教師である

人生は学校である。そこでは、幸福よりも不

  •  -
  •  -

514: 花の咲く草ばかりでなく、 名もない雑草も、とげ草も、 矢張り野に生うる権利を授かっている

花の咲く草ばかりでなく、 名もない雑草も

  •  -
  •  -

550: そなたは瓜を植えて茄子を欲しがり、麦を蒔いて米を欲しがるものだ。 願うことがうまくいかないのではない。できないことを願っているのだ。 それでいて神明の加護がないとか、運が悪いとか言うのは間違いではないか

そなたは瓜を植えて茄子を欲しがり、麦を蒔

  •  -
  •  -

549: 「純粋な感情ほど美しいものはない。美しいものほど強いものはない」

「純粋な感情ほど美しいものはない。美しい

  •  -
  •  -

548: 青春とは人生におけるある期間を指すのではなく、心の様相をいう

青春とは人生におけるある期間を指すのでは

  •  -
  •  -

547: 財布は、その中に何か入っていなければ、ボロ切れと変わらない。

財布は、その中に何か入っていなければ、ボ

  •  -
  •  -

546: 寒さにふるえた者ほど太陽の暖かさを感じる。人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る

寒さにふるえた者ほど太陽の暖かさを感じる

  •  -
  •  -

513: 実際にボランティアに楽しさを見いだした人は、ほとんど「助けられているのはむしろ私の方だ」という感想を持つ

実際にボランティアに楽しさを見いだした人

  •  -
  •  -

544: 商人が巨利をむさぼらず、飼い主の利益を図れば、何の不利もありはしない。 国が搾り取ることにあせらず、良き政治をしいたならば、何の脱税滞納もありはしない

商人が巨利をむさぼらず、飼い主の利益を図

  •  -
  •  -

543: 「ああして長い間人を使っているうちには。だいぶ騙されなくっちゃならないからね。 たまに自然そのままの美しい人間が自分の前に現れて来ても、やっぱり気が許せない」

ああして長い間人を使っているうちには。だ

  •  -
  •  -

542: あなたは弓であり、子供たちはそこから未来に向かって放たれる生きた矢である

あなたは弓であり、子供たちはそこから未来

  •  -
  •  -

541: 天使とは美しい花をまき散らす者ではなく、苦悩する者のために戦う者である。

天使とは美しい花をまき散らす者ではなく、

  •  -
  •  -

545: 幼にして謙遜なれ、弱にして温和なれ、壮にして公正なれ、老いては慎重なれ

幼にして謙遜なれ、弱にして温和なれ、壮に

  •  -
  •  -

512: きっと生きられますよ。きっと生きる道はありますよ。どこまで行っても人生にはきっと抜け路があると思うのです

きっと生きられますよ。きっと生きる道はあ

  •  -
  •  -

540: 草原は一変すれば米になり、米は一変すれば飯となる

草原は一変すれば米になり、米は一変すれば

  •  -
  •  -

538: 「田口は世の中に求めるところのある人だからです。 つまり僕のような高等遊民 でないからです。 いくら他の感情を害したって、困りゃしないという余裕がないからです」

田口は世の中に求めるところのある人だから

  •  -
  •  -

537: 教育とは、学校で習った全てのことを忘れてしまった後に、自分の中に残るものをいう。 そして、その力を社会が直面する諸問題の解決に役立たせるべく、自ら考え行動できる人間をつくること、 それが教育の目的といえよう

教育とは、学校で習った全てのことを忘れて

  •  -
  •  -

536: 義務を果たすことで満足してはいけない。

義務を果たすことで満足してはいけない。カ

  •  -
  •  -

539: 人生で一番大事なことは、失敗したらじっと歯をくいしばって我慢し、成功してもすぐ有頂天にならないことだ

人生で一番大事なことは、失敗したらじっと

  •  -
  •  -

511: 今の自分に疑問や不安を感じたら、それは変化しなさいという心の声です

今の自分に疑問や不安を感じたら、それは変

  •  -
  •  -

535: 因というのは、たとえば、蒔いた種のことだ。これを耕作培養するのが縁だ。種をまいた因と、培養する縁とによって、秋の実りを得る、これを果というのだ。

因というのは、たとえば、蒔いた種のことだ

  •  -
  •  -

532: 自分は自然派の作家でもなければ象徴派の作家でもない。 近頃しばしば耳にするネオ浪漫派ではなおさらない。(中略) ただ自分は自分であるという信念を持っている

自分は自然派の作家でもなければ象徴派の作

  •  -
  •  -

533: 人にものを教えることはできない。できることは、相手の中にすでにある力を見いだすこと、その手助けである

人にものを教えることはできない。できるこ

  •  -
  •  -

531: 隣人の語ること、行うこと、考えることに気づかない者は、大した恩恵を授かることができない。

隣人の語ること、行うこと、考えることに気

  •  -
  •  -

534: 成功した人はすべて、自分は因果論者であることを認めている

成功した人はすべて、自分は因果論者である

  •  -
  •  -

510: 生きているということいま生きているということ

生きているということいま生きているという

  •  -
  •  -

529: 吉凶好悪は「我」から生ずる。「我」がなければ吉凶好悪はあり得ない

吉凶好悪は「我」から生ずる。「我」がなけ

  •  -
  •  -

528: 彼は門を通る人ではなかった。また門を通らないで済む人でもなかった。要するに、彼は門の下に立ちすくんで日の暮れるのを待つべき不幸な人であった

彼は門を通る人ではなかった。また門を通ら

  •  -
  •  -

527: 私に三つの最優先政策を挙げよと言うなら、一に教育、二に教育、そして三,四がなくて五に教育だ

私に三つの最優先政策を挙げよと言うなら、

  •  -
  •  -

530: 親切を施すなら、もっと身近なことから始めるべきです。

親切を施すなら、もっと身近なことから始め

  •  -
  •  -

505: 和を以て貴しとなし さからうことなきを宗とせよ

和を以て貴しとなし さからうことなきを宗

  •  -
  •  -

509: 家のうへに屋根あり 屋根の上に月あるを思ふのみにて わが心足る

家のうへに屋根あり 屋根の上に月あるを思

  •  -
  •  -

526: 心に狭い限りができては、真の道理を見ることができない。世界は広いのだから、心は広く持たねばならぬ

心に狭い限りができては、真の道理を見るこ

  •  -
  •  -

525: 「社会教育だけあって学校教育のないものは、随分複雑な性情を発揮する代りに、頭はいつまでも小供ですからね」

「社会教育だけあって学校教育のないものは

  •  -
  •  -

524: 子育ては大切な職業である。しかし、親に適性テストが課されることはない

子育ては大切な職業である。しかし、親に適

  •  -
  •  -

523: 幸福なる生活とは徳に則しての生活と考えられる

幸福なる生活とは徳に則しての生活と考えら

  •  -
  •  -

504: 山水に得失なし 得失は人心にあり

山水に得失なし 得失は人心にあり夢窓 疎石

  •  -
  •  -

421: 人間関係というのは、相手との距離さえ置けばうまくいく。もめるのはその距離を超えようとするからだ

人間関係というのは、相手との距離さえ置け

  •  -
  •  -

522: 神といい、仏といい、名は異なっているが、実質は同じだ。国が異なるから名が異なるだけだ

神といい、仏といい、名は異なっているが、

  •  -
  •  -

521: 「読み書き算筆のできるものは、おれよりほかにねえんだからね。全く非道い所にゃ違ない」

「読み書き算筆のできるものは、おれよりほ

  •  -
  •  -

520: 子育てに失敗したら、他でどんなに成功したとしても意味が無い

子育てに失敗したら、他でどんなに成功した

  •  -
  •  -

519: 樹木にとってもっとも大切なものは何かと問われたら、それは果実であると誰もが答えるだろう。しかし、実際には種なのだ。

ニーチェの名言Wikipediaからフリードリヒ

  •  -
  •  -

503: 才あるものは徳あらず 徳あるものは才あらず 真材誠に得がたし

才あるものは徳あらず 徳あるものは才あら

  •  -
  •  -

410: 他人の悪を能く見る者は、己が悪これを見ず

他人の悪を能く見る者は、己が悪これを見ず

  •  -
  •  -

508: 古語に「重んずるところは民食葬祭」とあるように、もっとも重んずべきものは住民の米びつである。

古語に「重んずるところは民食葬祭」とある

  •  -
  •  -

507: 「僕の存在にはあなたが必要だ。どうしても必要だ」

「僕の存在にはあなたが必要だ。どうしても

  •  -
  •  -

506: 誇り自体美徳ではない。しかし、多くの美徳の原点といえよう

誇り自体美徳ではない。しかし、多くの美徳

  •  -
  •  -

502: 悪書は知的な毒薬であり、精神を毒殺する。

悪書は知的な毒薬であり、精神を毒殺する。

  •  -
  •  -

501: 人我に負くとも我人に負くことなかれ

人我に負くとも我人に負くことなかれ佐藤一

  •  -
  •  -

409: ふり返れ 歩きだせ 悔やむだけでは変わらない 果てのない 昨日より 明日は少し ましになれ

ふり返れ 歩きだせ 悔やむだけでは変わらな

  •  -
  •  -

500: 身分の高い者、富んだ者がおのおのその分を守って余財を推し、これを身分の低い者、貧しい者に及ぼしたならば、ちょうど天の気が下にはたらき、地の気が上にはたらき、天地相和して万物が育つように、貴賎貧富が相和して財貨が生じ、両々相まって世の中の生活は日に豊かになり、国家は必ず治まるのだ

身分の高い者、富んだ者がおのおのその分を

  •  -
  •  -

499: 現代の社会は孤立した人間の集合体に過ぎなかった。 大地は自然に続いているけれども、その上に家を建てたら、たちまち切れ切れになってしまった。 家の中にいる人間もまた切れ切れになってしまった

現代の社会は孤立した人間の集合体に過ぎな

  •  -
  •  -

498: あなたの子供は、あなたの子供ではない。彼らは、すべての生の源である大地の息吹であり鼓動である。彼らはあなたから生まれてくるが、あなたから生じたものではない。彼らはあなたと共にいるが、あなたが所有することはできない

あなたの子供は、あなたの子供ではない。彼

  •  -
  •  -

497: 書物を読むということは、他人が苦労して成し遂げたことを、容易に自分に取り入れて、自己を改善する最良の方法である。

書物を読むということは、他人が苦労して成

  •  -
  •  -

496: 物を贈るには薄くして誠あるを要す

物を贈るには薄くして誠あるを要す上杉 鷹

  •  -
  •  -

408: つまづいたっていいじゃないか人間だもの

つまづいたっていいじゃないか人間だもの相

  •  -
  •  -

495: 今、富める者は、必ずといってもよいほど、その前から徳を積んだものである

いま、富める者は、必ずといってもよいほど

  •  -
  •  -

494: この十数年来の物価騰貴に伴れて、中流社会が次第次第に切り詰められて行く有様を、住宅の上に善く代表した、もっとも粗悪な見苦しき構えであった

この十数年来の物価騰貴に伴れて、中流社会

  •  -
  •  -

493: 世界で最も素晴らしいことは自立の方法を知ることである

世界で最も素晴らしいことは自立の方法を知

  •  -
  •  -

492: 大事もなしうる者は小事もなしうる

大事もなしうる者は小事もなしうる。アリス

  •  -
  •  -

491: 他人の悪を能く見る者は、己が悪これを見ず

他人の悪を能く見る者は、己が悪これを見ず

  •  -
  •  -

407: 人生の競技場に踏みとどまりたいと思ふものは創痍を恐れずに闘はなければならぬ

人生の競技場に踏みとどまりたいと思ふもの

  •  -
  •  -

490: 徳に報いることを知らない者は、将来の繁栄のみを願って、その根本を培わないから、自然に幸福を失うことになる。 徳に報いる者は、将来の繁栄のことはさておき、今日ただいまの丹精を心がけるから、自然と幸福を受けて富貴がその身を離れない

徳に報いることを知らない者は、将来の繁栄

  •  -
  •  -

489: 親父は戦争に出たのをすこぶる自慢にする。(中略)

親父は戦争に出たのをすこぶる自慢にする。

  •  -
  •  -

488: 明日死ぬと思って生きよ。不老不死だと思って学べ

明日死ぬと思って生きよ。不老不死だと思っ

  •  -
  •  -

487: 鉄も使わなければ錆び、 水も用いらざれば腐敗し、 あるいは寒冷にあたって凍結する。 人間の知力もまたこれと同じで、 絶えず用いらざればついに退化する

鉄も使わなければ錆び、 水も用いらざれば

  •  -
  •  -

486: 人を治むるは、よろしく寛なるべし 己を治むるに至っては、厳なるを貴ぶ

人を治むるは、よろしく寛なるべし 己を治

  •  -
  •  -

406: 自由なんてものはお前、そもそも人から貰うものではないぞ

自由なんてものはお前、そもそも人から貰う

  •  -
  •  -

485: 世界中みんな、我も人も、ただこの我こそ天上にも天下にも尊いものなのである

世界中みんな、我も人も、ただこの我こそ天

  •  -
  •  -

484: 三四郎は何とも答えなかった。ただ口の内で迷羊(ストレイシープ)、迷羊(ストレイシープ)と繰り返した

三四郎は何とも答えなかった。ただ口の内で

  •  -
  •  -

483: 学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるかを思い知らされる。自分の無知に気づけば気づくほど、より一層学びたくなる

学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知である

  •  -
  •  -

482: わが敵はわが味方である。

わが敵はわが味方である。エドマンド・バー

  •  -
  •  -

481: 悲しい時は身一つ

悲しい時は身一つ松江重頼の名言Wikipedia

  •  -
  •  -

405: 健康な人には病気になる心配があるが、病人には回復するという楽しみがある

健康な人には病気になる心配があるが、病人

  •  -
  •  -

480: 万物がそうなのだ。報徳はこれを法則としている。つまり、天地が万物を生成発展させる心を心とし、親子と夫婦の情にもとづいて、損得を度外に置いて国民生活の潤沢助長と郷土の復興繁栄を楽しむのであって、そうでなければできない仕事である

「万物がそうなのだ。報徳はこれを法則とし

  •  -
  •  -

479: 「女が偉くなると、こう云う独身ものが沢山出来てくる。 だから社会の原則は、独身ものが、出来得ない程度内において、女が偉くならなくっちゃ駄目だね」

「女が偉くなると、こう云う独身ものが沢山

  •  -
  •  -

478: 悲観論者とは一方通行の道を横切る前に左右を確認する者をいう

悲観論者とは一方通行の道を横切る前に左右

  •  -
  •  -

477: 「これはいい」と思ったことは、人生の中に積極的に取り入れるといいでしょう。

「これはいい」と思ったことは、人生の中に

  •  -
  •  -

476: やまとうたは、ひとのこゝろをたねとして、よろづのことの葉とぞなれりける

やまとうたは、ひとのこゝろをたねとして、

  •  -
  •  -

404: 今日の我にあすは勝つ

今日の我にあすは勝つ美空 ひばり名言Wikip

  •  -
  •  -

475: 「昔の偽善家に対して、今は露悪家ばかりの状態にある」

「昔の偽善家に対して、今は露悪家ばかりの

  •  -
  •  -

474: 盲人の国では片目の男が王様だ

盲人の国では片目の男が王様だマキャヴェリ

  •  -
  •  -

473: いつか出合う災いは、おまえがおろそかにした時間の報いだ

いつか出合う災いは、おまえがおろそかにし

  •  -
  •  -

472: いかなるが 苦しきものと問ふならば、人をへだつる心と答へよ

いかなるが 苦しきものと問ふならば、人を

  •  -
  •  -

403: 一歩だけでも前進、退歩とは違うのである

一歩だけでも前進、退歩とは違うのである吉

  •  -
  •  -

471: およそ人と生まれ出た以上は、死ぬのは必定だ。長生きといっても取るに足らぬほどの相違で、たとえばロウソクに大中小とあるようなものだ。人と生まれ出た以上は必ず死ぬものと覚悟してしまえば、一日生きれば一日の儲け、一年生きれば一年の得だ。

およそ人と生まれ出た以上は、死ぬのは必定

  •  -
  •  -

470: 「女は恐ろしいものだよ」と与次郎が云った。「恐ろしいものだ、僕も知っている」と三四郎も云った。すると与次郎が大きな声で笑いだした。静かな夜の中で大変高く聞こえる。

「女は恐ろしいものだよ」と与次郎が云った

  •  -
  •  -

469: わたしのとってのジョークとは真実を語ることだ。それは世界で最も面白いジョークといえよう

わたしのとってのジョークとは真実を語るこ

  •  -
  •  -

468: 普通の人間は機会さえあれば悪いことをするものである。

普通の人間は機会さえあれば悪いことをする

  •  -
  •  -

467: 身を破るよりも、心を傷しうるは、人を害う事猶甚し

身を破るよりも、心を傷しうるは、人を害う

  •  -
  •  -

402: いっぱい転んで、いっぱい立ち上がればいい

いっぱい転んで、いっぱい立ち上がればいい

  •  -
  •  -

466: 禍福吉凶は方位、日月などとは関係のないもので、これを信ずるものは迷いだ。 悟道家は『本来東西なし』とさえいうではないか。禍福吉凶というものは、人それぞれの心と行いとが招く所に来る

禍福吉凶は方位、日月などとは関係のないも

  •  -
  •  -

465: 「しかしこれからは日本もだんだん発展するでしょう」と弁護した。すると、かの男は、すましたもので、「滅びるね」と云った

「しかしこれからは日本もだんだん発展する

  •  -
  •  -

464: タテ型組織において、すべての従業員は自分の能力よりも一段階上の職位まで昇進する傾向がある

タテ型組織において、すべての従業員は自分

  •  -
  •  -

463: それでも地球は回っている

それでも地球は回っているガリレオの名言Wi

  •  -
  •  -

462: 魚は水にあかず、魚にあらざれば、その心を知らず

魚は水にあかず、魚にあらざれば、その心を

  •  -
  •  -

401: 世の中には、それこそいろいろあって、誰だって傷つくんだから、「痛い」と泣いてないでバンソウコウを貼って、しっかり生きていかなきゃダメよ

世の中には、それこそいろいろあって、誰だ

  •  -
  •  -

461: 国には盛衰があり、家には貧富があり、作物には豊凶があるが、寒暑、長短を平均すれば春分、秋分の節となるように、盛衰、貧富、豊凶を平均すれば中正自然の数を得る。その中正自然の数に基づいて国や家の分度を立てるのだ

国には盛衰があり、家には貧富があり、作物

  •  -
  •  -

460: 女はその顔をじっと眺めていた、が、やがて落ち着いた調子で、「あなたはよっぽど度胸のない方ですね」と云って、にやりと笑った。

女はその顔をじっと眺めていた、が、やがて

  •  -
  •  -

459: 成功が努力の前に来るのは(アルファベット順の)辞書の中だけである

成功が努力の前に来るのは(アルファベット

  •  -
  •  -

458: 私を真似てはいけない。私のやり方で私は成功できたが、あなたはきっと失敗するだろう。これは私だからできたとしか言えないのだ。

私を真似てはいけない。私のやり方で私は成

  •  -
  •  -

457: 大事をなさんと欲せば、小さなることを、怠らず勤むべし

大事をなさんと欲せば、小さなることを、怠

  •  -
  •  -

400: まあいい 俺の一生を何かの役に立てて見せる ころぶ時があっても

まあいい 俺の一生を何かの役に立てて見せ

  •  -
  •  -

456: たとい人に生まれても、譲りの道を知らなかったり、知っていてもつとめなかったりでは、安堵の地を得られないのは鳥獣と同じことだ

たとい人に生まれても、譲りの道を知らなか

  •  -
  •  -

455: 自分もさっそく堕落の稽古を始めた。南京米も食った。南京虫にも食われた

自分もさっそく堕落の稽古を始めた。南京米

  •  -
  •  -

454: 中途半端な人間だけが、いつも自分の最高レベルにある

中途半端な人間だけが、いつも自分の最高レ

  •  -
  •  -

453: 汝自身を知れ

汝自身を知れソロンの名言Wikipediaから

  •  -
  •  -

452: 剣は心なり

剣は心なり島田虎之助の名言

  •  -
  •  -

399: 病気の境涯に処しては、病気を楽しむという事にならなければ生きて居ても何の面白味もない

病気の境涯に処しては、病気を楽しむという

  •  -
  •  -

451: 人の人たるゆえんは推譲にある

人の人たるゆえんは推譲にある二宮尊徳の名

  •  -
  •  -

450: ―日の当る社会には―ここよりまだ苦しい所がある。それを思うと、辛抱も出来る。ただ暗くって狭い所だと思えばそれで済む

―日の当る社会には―ここよりまだ苦しい所が

  •  -
  •  -

449: 嘘には三種類ある。嘘と大嘘、そして統計である

嘘には三種類ある。嘘と大嘘、そして統計で

  •  -
  •  -

448: 笑顔は一ドルの元手もかからないが、百万ドルの価値を生み出してくれる。

笑顔は一ドルの元手もかからないが、百万ド

  •  -
  •  -

447: 何(いか)に強敵(ごうてき)重なるとも、ゆめゆめ退く心なく恐るる心なかれ

何(いか)に強敵(ごうてき)重なるとも、

  •  -
  •  -

398: 日の光を籍りて照る大いなる月たらんよりは、自ら光りを放つ小き燈火たれ

日の光を籍りて照る大いなる月たらんよりは

  •  -
  •  -

446: 国や家が窮乏に陥るのはなぜかといえば、分内の財を散らしてしまうからである。これを散らさないようにさえすれば、国も家も必ず繁栄を保つことができる

国や家が窮乏に陥るのはなぜかといえば、分

  •  -
  •  -

445: 機械の獣と云うべきこの獰猛組が、かほどに未来の事をきにしていようとは、(中略) 未来の保証をしてくれる宗教というものが入用のはずだ

機械の獣と云うべきこの獰猛組が、かほどに

  •  -
  •  -

444: 考古学者はどんな女性にとっても最高の夫です。妻が年をとればとるほど、より一層興味を持ってくれるからです

考古学者はどんな女性にとっても最高の夫で

  •  -
  •  -

443: 善行は悪行と同じように、人の憎悪を招くことがある。

善行は悪行と同じように、人の憎悪を招くこ

  •  -
  •  -

442: 大敵と見て懼(おそ)るべからず 小敵と見て侮らず

大敵と見て懼(おそ)るべからず 小敵と見

  •  -
  •  -

397: 人は先ず何よりも自分自身であらねばならぬ。人のなすべきことは、自己実現であり自己拡大である

人は先ず何よりも自分自身であらねばならぬ

  •  -
  •  -

441: 譲って損はしないし、奪って得をしない

譲って損はしないし、奪って得をしない二宮

  •  -
  •  -

440: 本当の事を云うと性格なんて纏まったものはありゃしない

本当の事を云うと性格なんて纏まったものは

  •  -
  •  -

439: 物事の本質を見るために、私は目を閉じるのです

物事の本質を見るために、私は目を閉じるの

  •  -
  •  -

438: もし、あなたが私にレッテルを貼るなら、それは私の存在を否定したことになる。

もし、あなたが私にレッテルを貼るなら、そ

  •  -
  •  -

437: 主人は一家の模範なり

主人は一家の模範なり安田 善次郎の名言Wik

  •  -
  •  -

396: 人間という奴は何かやると必ず間違いをしないでいられないらしいな。まるで間違いをするために何かするみたいだ

人間という奴は何かやると必ず間違いをしな

  •  -
  •  -

436: 奪うに益なく譲るに益あり、これが天理なのだと教えている

奪うに益なく譲るに益あり、これが天理なの

  •  -
  •  -

435: 「ここでは喜劇ばかり流行る」

「ここでは喜劇ばかり流行る」夏目漱石の名

  •  -
  •  -

434: 光陰矢のごとし、ショウジョウバエはバナナが好き(果物はバナナのように飛ぶ)

光陰矢のごとし、ショウジョウバエはバナナ

  •  -
  •  -

433: 直接会って話すのが、お互いの悪感情を一掃する最良の方法である。

直接会って話すのが、お互いの悪感情を一掃

  •  -
  •  -

432: まけてのく人をよわしとおもうなよ 知恵の力の強きゆえなり

まけてのく人をよわしとおもうなよ 知恵の

  •  -
  •  -

395: 何もしないさきから、僕は駄目だときめてしまうのは、それあ怠惰だ

何もしないさきから、僕は駄目だときめてし

  •  -
  •  -

431: 譲というのは人道であって、今日のものを明日に譲り、今年の物を来年に譲るということを勤めない者は人であって人ではない 宵越しの銭を持たぬなどというのは、鳥獣の道であって、人道ではない。

譲というのは人道であって、今日のものを明

  •  -
  •  -

430: ことに英吉利人は気に喰わない。一から十まで英国が模範であると云わんばかりの顔をして、何でも我流を通そうとする

ことに英吉利人は気に喰わない。一から十ま

  •  -
  •  -

429: 犬が人に噛み付いてもニュースにはならない。日常茶飯事だからだ。だが、人が犬に噛み付けばニュースになる

犬が人に噛み付いてもニュースにはならない

  •  -
  •  -

428: 汝が言うその人に 善き方面はないか

汝が言うその人に 善き方面はないかピョー

  •  -
  •  -

427: 必ず死せんと戦えば即ち生き、必ず生きんと戦えば即ち死す

必ず死せんと戦えば即ち生き、必ず生きんと

  •  -
  •  -

394: どうせ一生なら、人間、自分が信じつづけて来たものをこの眼で確かめたい。大事に生きて、明日にかけたい

どうせ一生なら、人間、自分が信じつづけて

  •  -
  •  -

426: 天下の財貨は風のようなものである。風は天地間にいっぱい満ちているものだ

天下の財貨は風のようなものである。風は天

  •  -
  •  -

425: 貧乏を十七字に標榜して、馬の糞、馬の尿を得意気に咏ずる発句と云うがある。(中略) 文明の詩は金剛石より成る。紫より成る。薔薇の香と、衛衛の酒と、項の歪より成る。

貧乏を十七字に標榜して、馬の糞、馬の尿を

  •  -
  •  -

424: 勇気とは、恐怖に対する抵抗であり、恐怖を克服することだ。ただし、恐怖を忘れてしまうことではない

勇気とは、恐怖に対する抵抗であり、恐怖を

  •  -
  •  -

423: 人からよく思われたいなら、自分の美点をまくしたてないことだ

人からよく思われたいなら、自分の美点をま

  •  -
  •  -

422: 夫れ天下に主たらんことを願う者は能く一方に主たり

夫れ天下に主たらんことを願う者は能く一方

  •  -
  •  -

393: たったひとりしかいない自分を、たった一度しかない人生を、ほんとうに生かさなかったら、人間、生まれてきたかいがないじゃないか

たったひとりしかいない自分を、たった一度

  •  -
  •  -

420: わが道は勤倹譲の三つにある。勤とは、衣食住になるべき物品を勤めて産出することをいう。倹とは、産出した物品をむやみに費やさないことをいう。譲とは、衣食住の三つを他に及ぼすことをいう

わが道は勤倹譲の三つにある。勤とは、衣食

  •  -
  •  -

419: 「君は日本の運命を考えた事があるのか」「運命は神の考えることだ。人間は人間らしく働けばそれで結構である」

「君は日本の運命を考えた事があるのか」「

  •  -
  •  -

418: 経験とは、誰もが自分の失敗につける名前のことである

経験とは、誰もが自分の失敗につける名前の

  •  -
  •  -

417: 自分自身を主題にした話はつつしんだほうがいい。

自分自身を主題にした話はつつしんだほうが

  •  -
  •  -

416: 一道万芸に通ず

一道万芸に通ず宮本武蔵の名言Wikipediaか

  •  -
  •  -

392: 生死などは何でもない、つまらない事柄なのだ。ただ生きて行く態度が重要なのだ

生死などは何でもない、つまらない事柄なの

  •  -
  •  -

415: 衰えた村を復興させるには、篤実精励(とくじつせいれい)の良民を選んで大いにこれを表彰し、一村の模範とし、それによって放逸無頼(ほういつぶらい)の貧民がついに化して篤実精励の良民となるように導くのである。ひとまず放逸無頼の貧民をさし置いて、離散滅亡するにまかせるのが、わが法の秘訣なのだ。

衰えた村を復興させるには、篤実精励(とく

  •  -
  •  -

414: 「愛嬌というのはね、--自分より強いものを斃(たお)す柔かい武器だよ」「それじゃ無愛想は自分より弱いものを、扱き使う鋭利なる武器だろう」

「愛嬌というのはね、--自分より強いもの

  •  -
  •  -

413: 恐怖は炎に似ている。きちんと管理している限り役立つのだが、ひとたび手に負えなくなると、大きく燃え上がり、あなたを破壊しかねない

恐怖は炎に似ている。きちんと管理している

  •  -
  •  -

412: 必要とされている。そのことに気づくと、気分がよくなり、やる気が出るものだ。

必要とされている。そのことに気づくと、気

  •  -
  •  -

411: 勝つことばかり知りて、負くること知らざれば、害その身に至る

勝つことばかり知りて、負くること知らざれ

  •  -
  •  -

391: 限界なんて言葉はこの世にはない、限界と言うから限界ができるんだ

限界なんて言葉はこの世にはない、限界と言

  •  -
  •  -

390: 報徳は大業である。だから従容として時を待つがよい

報徳は大業である。だから従容として時を待

  •  -
  •  -

389: およそ一時代にあって初期の人は子のために生きる覚悟をせねばならぬ。中期の人は自己のために生きる決心が出来ねばならぬ。後期の人は父のために生きるあきらめをつけなければならぬ

およそ一時代にあって初期の人は子のために

  •  -
  •  -

388: 多くの人はチャンスをつかむことができない。チャンスは作業着を着ており、大変そうに見えるからである

多くの人はチャンスをつかむことができない

  •  -
  •  -

387: 人々からしてもらいたいことは、人々にもその通りにせよ。

イエス・キリストの名言Wikipediaからイエ

  •  -
  •  -

386: 皮を切らせて骨を切る

皮を切らせて骨を切る山本常朝の名言Wikipe

  •  -
  •  -

370: 下らなく過ごしても一生、苦しんで過ごしても一生だ。苦しんで生々と暮らすべきだ

下らなく過ごしても一生、苦しんで過ごして

  •  -
  •  -

385: 学者は書物を実にくわしく講義するが、活用することを知らないで、いたずらに仁はうんぬん、義はうんぬんといっている。だから世の中の役に立たない。ただの本読みで、こじき坊主が経を読むのと同じだ。

学者は書物を実にくわしく講義するが、活用

  •  -
  •  -

384: 愛は迷である。また悟りである。

愛は迷である。また悟りである。夏目漱石の

  •  -
  •  -

383: あなたの同意がなければ、誰もあなたを惨めな気持ちにすることはできはしない

あなたの同意がなければ、誰もあなたを惨め

  •  -
  •  -

382: もし悪口を言うなら、自分に返ってくることを予期せよ。

もし悪口を言うなら、自分に返ってくること

  •  -
  •  -

381: あやまちは安き所に成りて、必ず仕る事に候

あやまちは安き所に成りて、必ず仕る事に候

  •  -
  •  -

369: 悲しいから泣くのじゃなくて、泣くから悲しくなるという説もある。ニコニコすれば、自然に心の中も楽しくなる

悲しいから泣くのじゃなくて、泣くから悲し

  •  -
  •  -

380: 心が正しく平らでなければ、これを行なう段になって手違いを生じて、せっかくの至誠、推譲も水泡に帰することがある

心が正しく平らでなければ、これを行なう段

  •  -
  •  -

379: 女の批判は直覚的である。男の好尚は半ば伝説的である

女の批判は直覚的である。男の好尚は半ば伝

  •  -
  •  -

378: 有事にはタフな奴が抜きん出る

有事にはタフな奴が抜きん出るジョセフ・P

  •  -
  •  -

377: 言うべき時の「ノー」は人生の平和と幸福の要訣である。

言うべき時の「ノー」は人生の平和と幸福の

  •  -
  •  -

376: 人を用ゆる道は、その長所を取りて短所はかまわぬことなり

人を用ゆる道は、その長所を取りて短所はか

  •  -
  •  -

368: 生きてくってことは冗談ごとじゃあねえからな

生きてくってことは冗談ごとじゃあねえから

  •  -
  •  -

375: 貧となり富となるのは偶然ではない。富もよってきたる原因があり、貧もそうである。人はみな、財貸は富者のところに集まると思っているが、そうではない。節倹なところと、勉励するところに集まるのだ

貧となり富となるのは偶然ではない。富もよ

  •  -
  •  -

374: 女は装飾をもって生まれ、装飾をもって死ぬ。多数の女はわが運命を支配する恋さえも装飾視して揮らぬものだ

女は装飾をもって生まれ、装飾をもって死ぬ

  •  -
  •  -

373: 他人に変わって欲しければ、自ら率先して変化の原動力となるべきだ

他人に変わって欲しければ、自ら率先して変

  •  -
  •  -

372: 引っ込めることのできないところまで腕を伸ばすな

引っ込めることのできないところまで腕を伸

  •  -
  •  -

371: 勝というのは、味方に勝事なり

勝というのは、味方に勝事なり山本常朝の名

  •  -
  •  -

367: あなたが あなた自身を 信じなくては 輝けるわけが ありませんよ

あなたが あなた自身を 信じなくては 輝け

  •  -
  •  -

366: 貧者は天分の実力をわきまえず、みだりに富者をうらやみ、そのまねをしようとする

二宮尊徳の名言Wikipediaから二宮 尊徳(に

  •  -
  •  -

365: 土着のものがむやみに幅を利かして、他県のものを外国人と呼ぶ。外国人と呼ぶだけならそれまでであるが、いろいろに手を廻してこの外国人を征服しようとする

土着のものがむやみに幅を利かして、他県の

  •  -
  •  -

364: 快適な空間にしがみつく自分をそこから押し出すのだ。そして新しいことを始めてみることだ

快適な空間にしがみつく自分をそこから押し

  •  -
  •  -

363: 雨は一人だけに降り注ぐわけではない。

雨は一人だけに降り注ぐわけではないワーズ

  •  -
  •  -

362: 改めて益なき事は、改めぬをよしとするなら

改めて益なき事は、改めぬをよしとするなら

  •  -
  •  -

311: いろんな努力の蓄積が、実は見えないところであるわけで、すごいなと思う人ほどその努力をしているんです。

今井 通子の名言Wikipediaから今井 通子(

  •  -
  •  -

361: 世の中が無事に治まっていても、災害という変事がないとは限らない。 変事が仮にあっても、これを補う方法を講じておれば、変事がなかったも同然になる。

世の中が無事に治まっていても、災害という

  •  -
  •  -

360: 田舎者の精神に、文明の教育を施すと、立派な人物が出来る

田舎者の精神に、文明の教育を施すと、立派

  •  -
  •  -

359: 生き残るのは最も強い種ではない。最も賢い種でもない。環境の変化に最も敏感に反応する種である

生き残るのは最も強い種ではない。最も賢い

  •  -
  •  -

358: 人間はその身に降りかかる出来事より、それをどう受け止めるかによって傷つくことが多い。

人間はその身に降りかかる出来事より、それ

  •  -
  •  -

357: 金銀多分積みおくは、 よき士を牢へ押しこめおくにひとし

金銀多分積みおくは、 よき士を牢へ押しこ

  •  -
  •  -

310: 僕は「今、これでいい」と満足してしまったら、人間はもう終わりだと思っている。

嵐山 光三郎の名言Wikipediaから嵐山 光三

  •  -
  •  -

356: 貧富は分度を守るか分度を失うかによって生ずる。分度を守って、みだりに分内(予算)の財を散らさなければ富にいたるし、分度を失い、他から借財して分内に入れるようであれば、やがて貧に陥る。

貧富は分度を守るか分度を失うかによって生

  •  -
  •  -

355: 日本の山水を描くのが主意であるならば、吾々もまた日本固有の空気と色を出さなければならん。いくら仏蘭西の絵がうまいと云って、その色をそのままに写して、これが日本の景色だとは云われない

日本の山水を描くのが主意であるならば、吾

  •  -
  •  -

354: 私は豚が好きだ。犬は私を見上げる。猫は私を見下す。豚は人を対等に見てくれる

私は豚が好きだ。犬は私を見上げる。猫は私

  •  -
  •  -

353: 今から数年もたてば、私の現在の悩みなど、およそくだらないものに思えてくるだろう。その悩みがありがたく思えてくるだろう。

今から数年もたてば、私の現在の悩みなど、

  •  -
  •  -

352: 天下を司る人は、天下を救い養う役なり

天下を司る人は、天下を救い養う役なり足利

  •  -
  •  -

309: 平常心をもって一切の事をなす人、是を名人と云ふ也

柳生 宗矩の名言Wikipediaから柳生 宗矩(

  •  -
  •  -

351: 貧者は昨日のために今日つとめ、昨年のために今年つとめる。それゆえ終身苦しんでも、そのかいがない。 富者は明日のために今日つとめ、来年のために今年つとめるから、安楽自在ですることなすことみな成就する。

貧者は昨日のために今日つとめ、昨年のため

  •  -
  •  -

350: 不人情じゃありません。非人情な惚れ方をするんです。小説も非人情で読むから、筋なんかどうでもいいんです

夏目漱石の名言Wikipediaから夏目 漱石(な

  •  -
  •  -

349: 20パーセントの人々は何事に対しても常に反対する

20パーセントの人々は何事に対しても常に反

  •  -
  •  -

348: 賢者は現在と未来について考えるだけで手一杯であるから、過ぎ去った事柄をくよくよ考えている暇はない。

賢者は現在と未来について考えるだけで手一

  •  -
  •  -

347: 物に当たって砕けろ

物に当たって砕けろ松亭 金水の名言Wikiped

  •  -
  •  -

308: なせばなる、なさねば成らぬ成るものを、ならぬというはなさぬ故なり

手島 堵庵の名言Wikipediaから手島 堵庵(

  •  -
  •  -

346: 財はよく人を富ますが、またよく人を貧しくするのは、なぜかといえば、天分の度合に小と大とがあるからだ。小と大とに即応して経理する術を知っている者は、貧窮の憂いがない

財はよく人を富ますが、またよく人を貧しく

  •  -
  •  -

345: 二十世紀に睡眠が必要ならば、二十世紀にこの出世間的の詩味は大切である。惜しい事に今の詩を作る人も、詩を読む人もみんな、西洋人にかぶれている

二十世紀に睡眠が必要ならば、二十世紀にこ

  •  -
  •  -

344: 人が私に同意するときはいつでも、自分が間違っているような気がしてならない

人が私に同意するときはいつでも、自分が間

  •  -
  •  -

343: ついに起こらなかった害悪のために、われわれはいかに多くの時間を費やしたことか。

ついに起こらなかった害悪のために、われわ

  •  -
  •  -

342: 種まかずして 小判も逸歩も生える例なし

種まかずして 小判も逸歩も生える例なし井

  •  -
  •  -

307: 絶望のどん底にいると想像し、泣き言をいって絶望しているのは、自分の成功を妨げ、そのうえ、心の平安を乱すばかりだ。

野口 英世の名言Wikipediaから野口 英世(

  •  -